苦しいときほど生きている実感が沸く




朝、目が覚める。

左半身が猛烈に痺れている。


ベッドから起き上がるのに右手右足だけの力で起き上がる


苦しい

いつまで続くのか

こんな朝・・

20分かかって着替えをする。。

足がふらつきながら手摺を伝ってリビングに行く


痺れは顔にまで来ている~ボーっとしている


朝食のコーヒーを作る。

片手で水をT-FALのポットに入れ、お湯を沸かす。

足がふらついてツライ・



心がメゲそうになる

片手でインスタントコーヒーのキャップを取り適当にコーヒーカップ

コーヒーの粉を入れる

半分沸いたお湯を入れる

僕は左利きだったから右手の力が弱いからT-FALのポットが重く感じる。


やっとコーヒーができる

痺れがやはりツライ


朝食の食パンをトースターで焼く

やっと朝食だ。

このころからだ。。

心の中に「負けるもんか」という気持ちが沸いてくる。

このとき不自由負けずに生き抜くぞ!とやっと思える

そう思えたとき、我ながら「一生懸命生きている感」を感じる

きっと辛くなかったら毎朝「負けるもんか」てなんて思わないだろう。

人間って苦しいのはイヤだけど

実は苦しいときほど生きている実感が沸くものではないだろうか

さあ今日はこれから徳島へ直行だ!頑張るぞ!


負けない! 絶対に!

こんな風に思えるのも苦しいからこそだ

人の心って皮肉なものだ