ほとんど怒らない僕

僕は怒らない人を憎むこともほとんどない。

どんなに悪態をつかれても

誹謗中傷されても、いじめられても

僕はほとんど腹が立たない。

昔からそうだった。

仏の岡下などと言われたこともあるほどだ。

なぜ僕は腹が立たないのだろう。

考えてみた。

その原因は子供の頃にさかのぼることに気が付いた。

僕は子供の頃いわゆる「いじめられっ子」だった。

昔は今の「いじめ」のように周囲の皆が結託して一人を

いじめたり、無視したりするようないじめではなかった。

ドラエモンに出てくるジャイアンのような「いじめっ子」がひとりいて

自分より弱い子をターゲットにいじめるという感じだった。

そして僕はそのターゲットだった。

何回もそのいじめっ子に泣かされたものだ。

何回もいじめられてるうちに僕は「なぜあの子は僕をいじめるんだろう」と

考えるようになったことを覚えている

不思議だった。

なぜ???なぜ?・・なぜ僕をいじめるの?なぜ僕なんだ?

そんなことを考えていたことを覚えている。


そんな風に考えているうちにその子が自宅で3歳年上の兄貴にいつも

いじめられていることがわかった。

そのことが分かってから、きっとあの子は自宅で辛い状況にある

そのはけ口が必要だったんだろう

そのはけ口が僕になっただけなんだと思えるようになってきたことを覚えている。

そう考えるようになってから僕をいじめるその子が逆にかわいそうになってきた。

そうすると怒りが消えた。


そな幼児体験からか、今でも人を(或いは僕を)攻撃する人がいたら


怒りが起こる前に「なぜこの人は僕に対して攻撃的になるのだろう」などと

すぐに考えるようになってしまっている。もう癖だと思う

「なぜあんなこと言われもて怒らないんだ?」と言われたことは何度もある

そでもその人の「心の背景」を知ると攻撃的になっても仕方ないなと思え、

その人に対する見え方が180度か変わってしまうのだ。


そうするとどんなに攻撃されても怒りも起こらず、増して憎しみなど消えてしまう。

人の行動は見方を変えることで善人にも悪人にもなってしまう。


要は周囲が偏った見方をしているだけではないのか・・

そう感じる

見方を変えれば怒りも収まってしまう。。

国家間の戦争なんかもそうではないだろうか。

見方を変えることで紛争を起こることを防げないのだろうか

などと思っている

楽観的過ぎるのかな・・こんな考え方。。

やっぱり国際社会は目には目を・・歯には歯を・・

でなければ生きぬくことはできないのだろうか。