心のネガティブスパイラル

怒り、憎しみ、悲しみ、落胆、

どれも心の悲しい言葉です。

人はそれを克服するためにときに他人を攻撃してしまう。

それは自分の苦しみを分かってほしいことの裏返し。

分かってくれていないと感じると憎悪の心がまで芽生えてきてしまう。

そして益々憎しみがつよくなってきてしまう。

そんな自分を見て益々自分が嫌になる

こんな心のネガティブスパイラル・・

それは人を憎悪することで、攻撃することで


自我が壊れそうになるのを必死に支えるためかもしれない。


不安に満ちた、そして不確実な世の中・・


そんな世の中(人間社会)で自我を強くを保ち続けるのって

難しい事だと思う。

そんな心のネガティブスパイラルに陥らないためにも僕は

必死で、無理やりにでも志や希望を心の中に作る。

そうしていないと自分が壊れ、そしてひいては人を傷つけてしまいそうだから、、、

だから人の役に立っているという自分を確かめたい。

まだ少しでも人の役に立つことができるんだということを・・