障害者の自分を好きになろう

もう障害者でになってしまったことをあることを嘆くのは止めよう

脳出血の後遺症という病との闘いは好きじゃないけれど

その闘いを楽しもう。

どうやって克服するか知恵を出すことを楽しもう

そしてそんな後遺症と闘って入いる自分を好きになろう。

そんな障害者の自分を自分で愛することにしよう。

そうすればこの障害さえも決して嘆くものではなく、

豊かな個性の一つと思えるかも知れないから・・