リアルスティール

昨日、少し時間ができたので映画「リアルスティール」を観に行ってきた。

ちょっと辛かったなー

ネタバレするのでここでは詳細なストーリーを記載するのは控えますが

長い間、はなれ離れになっていた父と息子が出会い、

最後は息子が父が「強い父親」であったことを認め、尊敬し、父子の絆を取り戻す

という設定なのだが、

この「強い父親だった」という設定が僕の胸に突き刺さった。

僕も「強い父親」でありたかったと感じてしまった。

障害者になってしまい、普通のお父さんがしてあげられるようなことができなくなった。

細かいことで言うと家の大工仕事一つできない父親・・

肩車ひとつできない父親。。

そんな自分に不甲斐無さを感じてしまった。。

いつまでも息子にとって「強い父親」でありたかった。。