与えられた生を生き抜く

人間、どんなに経済的に裕福でも、どんなに才能があり、いろいろな高い地位を得られたとしても

いつかは必ず、老い、病に伏し、死を迎える。

ではなぜ人間は生きるのか

何のために生きるのか

僕は脳出血で半身不随になって以降、苦しみの連続だった。

少なくとも僕にとって最大の苦しみの連続だった。

そしてその苦しみは今でも続いている

決して消えることはない。

二度と使えない左手

二度と走れない足、

二度と泳げなくなった身体

必死で築き上げた会社も失った。

それだけではない。

無職無収入という将来への恐怖

何かあったときに動けない恐怖

そして今でも続く左半身の痛みと痺れ

なぜ僕はこれほどまでに苦しまなければならないのか。

この3年間何度も自問自答した。

この僕の何が悪かったのか。。と

でも何も悪いことなんてなかったことに気が付いた。

それは決して僕が善人という意味ではなく、

生きとし生けるものすべてが、その所業にかかわらず

必ず老い、病に伏し、死を迎える

ということだ。

そして僕にもそれが訪れただけのことなのだ。

それでも人間は生きなければならないのだ。

それが人間なのだ。

そんな誰しも避けることができない苦しみを乗り越え生きることが

人間には課せられているように感じる。

その苦しみを(心が)乗り越えることができたときにこそ

本当の心の安寧が訪れるのではないかと今感じている。

だからこそ生き抜く

与えられた生を最後まで生き抜く

どんなに苦しくても決して負けない