病気は僕らを選んだ

僕が脳出血を起こしたのは、基礎疾患にもやもや病があったからだ。

脳の血管がレントゲンで撮影すると煙のようにももやも写るくらいに細いのだ。


だからもやもや病と命名された。(正式名称:ウィルス動脈輪閉そく症)

だから少しの血圧変化で出血を起こしやすいのだ。

100万人に3人という珍しい病気であり、治療法は確立されていない難病認定された病気だ。

その病気が僕らを選んだ。

なぜ「僕ら」と書いたkかというと、息子にまで遺伝したからだ。


なぜ息子にまで・・


モヤモヤ病である限り、将来僕のように脳出血を起こす確率は非常に高い。


息子には僕のような目には合わせてたくない。

何が何でも・・

日々医学の進歩している。

去年の秋、東北大学モヤモヤ病の原因となる遺伝子が発見されたという。


遺伝子が発見されたということは遺伝子治療が可能であることを意味する。

しかし

現在の日本では遺伝子治療に保険は適用されない。


お金がいる。。それも数千万円。。

それでも僕は息子を守る。


そのために障害者であっても稼ぐ。

健常者に負けないくらい稼ぐのだ!


世の中の役に立つ人間になることによってこんな障害者でも稼ぐことができることを

証明してみせる。


そして少なくと孫には絶対に遺伝させない。


そのために稼ぐのだ。

資本主義の世の中、病気でさえもの金があるものが治癒できるから、


病気が僕らをなぜ選んだのか。

それはわからないが、選ばれたからには絶対に負けない。乗り越えて見せる。

負けないためにも僕は障害者であっても健常者に負けないくらいの

仕事をしてみせる。

そして息子を助けるのだ。

さらには孫(まだ見ぬ孫だけれど)には(息子に遺伝子治療を受けさせ)絶対に遺伝させない。

させてたまるか。

病気は僕ら二人の選んだけれど、これ以上選ばれる人間は作らない。


なぜ病気は僕だけでなく息子まで選んだのだろうか。


息子は小さな身体で既に2回も脳血管のバイパス手術を受けている。


選ばれたからには乗り越えるしかない。

だから僕は健常者には負けない!

負けてはならないのだ。

我が子孫にこの病気を遺伝させないためにも・・

僕が頑張るしかないのだから・・


息子と最後にかけっこをしたのはもう3年以上前になる。

小さな体で僕に追いつこうと頑張っていた。

僕も走ることができる身体だった。

そんな父子戻りたいけれど、過去には戻れない。願っても叶うことではない。

だからせめて、未来の息子と孫がいつまでも普通の親子のようにかけっこをしたり

キャッチボールができるようにしてあげたい。

僕のような辛い目に息子に孫にも絶対に合わせたくない。

だから・・

将来遺伝子治療なども最先端医療を受けることができるよう僕が頑張る。

病気に選ばれたからには受けて立とうではないか。

もやもや病7よ!どこからでもかかってこい!

息子には将来、僕のように脳出血を起こさせないように最大限の医療を施して対抗してやる。

そして少なくとも孫には指1本触れさせないぞ!