真剣に考えてこなかった半分の人生

真剣に考えてこなかった・・

なんとなく僕のの人生は

悲惨であるはずがないと考えていた。

・・ただなんとなく・・

45歳までは・・

その津波は突然やってきた。

脳出血という形で・・

全く予期していなかった。。

というか真剣に考えていなかった。

いつか来るかもしれないと思いながらも・・

ダメだ!

負けちゃダメなんだ!

どんなに身体が辛くても、不自由でも・・

負けちゃ・・終わりなんだよ。

勝たなきゃダメだ!

何としても乗り越えなきゃ!

障害者だから・・・

なんて言い訳にならない。

障害者だかこそ、瞬間、瞬間を負けられない。


少しでも負ければ、奈落の底に転落だ!

自分を信じろ、希望を信じろ。

不安に慄いていても何もできない。


思いやり?

そんなお人よしはもうヤメにしておけ。


本当の思いやりとは正々堂々と闘いを挑むことだ。

それこそが相手に対する思いやりだ。

これまでの半分の人生は生半可な生き方だったと思う。

でもこれからの半生は誰よりも真剣に生きてみせる。

結果なんて出なくてもよい。人が言う「成功」なんてしなくてもよい。

人生の最期の瞬間に、真剣に生き抜いたことを誇りに思えるだけで良い。