終わりのない苦痛

脳卒中の後遺症の苦痛というものと他の病気との最大の違いは

終わりがない」ということである

大抵の病気はどんなに苦しくとも治癒すればそこで終わりである。

痛みなどの苦痛も終わりである。

骨折などしたとき足が不自由になったとしても、治癒すれば

歩けるようになる。つまり「終わりがある」のである。

しかし僕の苦痛には「終わりがない」のだ。

この3年間というもの朝起きてから左半身の痺れが始まり、

そして強烈な痛みへと変化する。それが24時間続く。

さすがに睡眠中は和らいでいるようだけれど。

朝起きるとまた始まるのだ。

こんなことが毎日、もう3年間続いている。

終わりがないのだ。

いつまで続くのだろうか・永遠に続くのだろうか

そんなことを考えると気が変になりそうになる。


僕にとって痛みの終わりは死であると覚悟している。

体の不自由さの辛さの終わりも死であると覚悟している。

だから死を怖れることは無い。

むしろ臨んでしまうときもある。

この辛さから解放されるなら・・・と


でもこんな身体ではあるけれど、

「その時」が来るまでになにか人に役に立つこと一つは成し遂げたい。

そんな思いだけが僕を生かしているような気がする。

そんなものが僕の志の源泉であると思う。