策はある

どんな苦境においても必ずそれを乗り越える策はある。

その策は人間の心の中にあると思う。

一見八方塞がりのように見える状況においても必ず打開策はある

そのためには自分を信じることそして希望(解決策があること)を

信じる心を持つことが必要だ

僕はそう信じている。

信じる心なくし、あきらめた瞬間に策も消えてしまう。

そう思うのだ。

僕自身3年前脳出血で半身不随となり、会社も破産、自分も個人破産

無職無収入、その上毎日が疼痛との闘いの中で正直言って絶望状態だった。

もう僕の人生は終わったかな・・

これからの半生は介護を受けながら、生活保護を受けながら生きていかなければならない

という覚悟までしていた。

正直本当にそう思っていた。

でも今、信じられないことにこんな身体で新たな事業が立ち上がろうとしている。

先日はやっと海外進出セミナーという実績まで作ることができた。

セミナー参加者の中から1社でもから海外販路開拓もしくは海外進出を成功したならば

僕はまだ社会に役に立つ人間でいることを証明できる。

まで僕の人生は終わっていなかったようだ。

それは多分僕自身が他人になんと言われようと自分自身を信じて「必ず策はあるはずだ」

と思い続けていたからだと信じている。

自分の身体にしてもそうだ。

左半身麻痺ているためできなくなったことは多いけれど、

もう2度とできないと諦めてしまったら本当にできなくなってしまう。

左手が動かなくても右手がある。

両手作業が必要な場合、口があるではないか。

多くの動物は口を使うではないか。

左手の代わりに口を使ってできるのであれば、

口を使うことに恥ずかしいもへったくれもない。

最近ではショッピングセンターなどで

買い物袋などを両手で荷物を持ってないときには平気で口で咥えて歩いている
(かなり歯に負担がかかるが歯が丈夫であることをが幸いしている)

そう考えればもうできないと思われたことをできるようにするための策は必ずあるのだ。

要するに心の持ち方次第だと思う。

他人が無理だと言っても自分の心が諦めない限り、どんな状況であっても必ず策はある

諦めない心を持ち続けることが最も重要なことなのだ。

そう自分に言い聞かせている。