苦境にこそ希望が生まれ、逆境にこそ志が生まれる

希望の持てない世の中など存在しない。

志の持てない人生など存在しない。

なぜなら希望も志もどちらも人の心が持つものだから




最近僕は本当にこんな風に思えるようになってきている。


希望の持てない世の中とはいったいどんな世の中だろうか。

いくら就職活動をしても不採用が続く就職氷河期

今の日本は希望が持てない世の中なのだろうか。

戦後の焼け野原で全く何もなくなったあの時でさえ日本人は希望を捨てなかったではないか


逆に将来の出世や収入が約束され、健康であり無病息災で

長寿が約束されている世の中なら希望を持てるのだろうか、



志の持てない人生とはどんな人生だろうか。

自分が周囲の人達より能力が劣っているとき

志は持てないのだろうか。


逆に常に自分が優秀で周囲の人たちより能力が優れていれば、

志を持つことができるのだろうか。

どんなに頭が良くてもどんなに素晴らしい家柄の人間でも自分に絶望して

自ら死を選ぶ人はたくさんいるではないか。

世の中の状況や自分の健康状態や経済状態なんて

希望や志をもつために何の関係もないのではないか。


僕自身、会社も失ったし、身体の機能も失ってしまった。

毎日のように身体の半分が常時、痺れと痛みで苦しい

経済状態に関して言えば今でもNPO法人の活動はしているがほとんど無収入である。


それでも僕は大きな希望を持つことができているし、大きな志を持つことができている。


その希望や志のことを考えているときには気持ち燃えてくるのがわかる。

不思議と痺れや痛みさえも和らいでいる。

無我夢中になっている自分が存在している。

こんな僕でさえ希望や志を持つことができているのだから

やっぱり現在の世の中の状態や自分の能力や身体の状態とは関係がないと思う。

未来に希望を持つ・志を持つということは心の働きなのだ。


それさえ持つことができれば、現在が如何に苦境であろうとも、

前向きな心になることができ知恵と勇気が湧き、結果としてそれが行動に変えることができる。

その心さえあれば、どんなに身体が辛くとも行動ができるものだと思う。

僕自身がそうなのだから

身体が半分が猛烈に痛く痺れていても、僕の持っている志のための活動に関する行動は

不思議とできるのだ。長い階段でも必死の思いで上り切れるものだ。


苦しいからこそ希望がほしいのだ。志がほしいのだ。

逆説的にいうと苦しいからこそ人間の心は希望や志を持つことができるのではないか


我ながらそう感じる。