面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり

面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり

高杉晋作の辞世の句だ。



今48歳の僕、振り返ってこれほど波乱万丈の人生になるとは思いもよらなかった。

43歳で小さいながら会社を起業、

決して適職とはいえない社長業を奮闘し、

45歳のさあこれからというときに、脳出血起こし、半身不随の障害者となってしまった。

おかげでやっと新たな事業の立ち上げ、少し軌道に乗りつつあった会社も破産、

無職、無収入に陥ってしまった。



それからというもの日々中枢性疼痛の痺れと闘い続けた。

半身麻痺の体ではもうこれ以上何も出来ない、役に立たない人間になったと思って自暴自棄になり

僕の人生もこれで終わりかな。などと思っていたけれど

脳の再手術の入院中に思いついた日本の技術を海外向けに紹介するデータベースサイト

入院後に作ったこのサイトから派生して、それがいつのまにか

日本のモノづくり企業の海外の紹介と海外販路開拓を支援するなどという大それた事業目的の

NPO法人を立ち上げるまでになった。

いまだに1分1秒痺れはキツく、辛いけど、

高杉晋作の言う通り、自分の人生を振り返って、

辛い人生だと思えば、辛い人生だ。

面白い人生だと思えば、面白い人生だ。

要は心の持ち方次第でどうにでも考えることができる。

心次第でどんなに辛い人生でも面白い人生だと思えば、面白いと思える。


これからどうなるか分からないけれど、自分が出来ることをただひたすらやるだけだ。

こんなに「辛くて・・でも面白い」人生を歩んでいるのだから、

最期の瞬間には、


決して能力のある人間ではなかったけれど、

精いっぱい頑張った人生だった。面白い人生だったと

0.1秒でも良いから、そんなふうに思って逝きたいものだ

どんなに苦しくても最期の瞬間にそんなふうに思えることが最大の幸せではないだろうか。

いつまでもそんな心で生きていきたい。

辛いと思えば辛くなる。

面白いと思えば、面白くなる。

心次第でどうにでもなる。

面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり」


やっぱりこの句は大好きだな。。