言魂が僕に生きる力を与えてくれた

今朝は特に痺れがひどく、脳が僕からリアリティーを奪い去って

苦しい状況が続いた。


そんなリアリティを無くしてしまった僕の感覚に

リアリティを取り戻したものがある。


それは7歳の僕の息子の言魂だった。


僕の息子は人一倍声が良く通り声が大きいのだ。

小学校の地元の警察による防犯教室でも

クラスで一番声の大きい子供として選ばれ

悪い人に連れて行かれそうになったときに

「やめて~!誰か助けて~!」と叫ぶ練習をするための

代表になったほどでかい声なのだ(苦笑)

そのでかい声で「ただいま~!」

それだけの言葉だった。

それだけで僕に生気を取り戻されてくれた。


そして早速、僕に玩具を買ってもらうことをねだろうと

あの手この手で、子供なりに話しかけてくるのだ。

大きな声で・・(笑)


そんな息子の「声」が耳に入るとその声が僕を父親として

必要としてくれていると感じさせてくれた。


その声が僕にリアリティを戻してくれたのだ。

人は言葉で元気づけられ、言葉で傷つく。


そして「声」で人ともつながりを感じ、他人の元気な声での「声掛け」で

自分も元気が出る。

言魂という言葉があるけれど、決して霊的なものではなく、


「人の声」がそして人も言葉が脳を刺激し、

活性化させ人間を元気づける能力があるのだと思う。

愛する人の言魂、


そして息子の言魂に感謝!


それにしても思うのだが、

菅首相にはそんな国民を元気づけるような言魂がないように感じる。

震災復興というこんな時こそ一国のリーダーには国民を元気づけるような

言魂が必要なのではないだろうか。

この人のような・・


戦後の日本で最も愛され、

しかし最も憎まれた総理大臣だったかもしれないけれど

僕は子供のとき、この人の強烈な言魂を聞いて

話している内容は分からないけれどなんだかとても惹きつけられた記憶がある。

この人のような強烈な言魂が国民の元気にするのではないだろうか。

言葉の大切さというものを実感するからこそ、

まじめだけではなく

くそ真面目にうつむき加減で目の光がなく

「できることはできる出来ないことは出来ないと正直に言う」

などと言っていないで、もっとでかい声で国民の心に響く言魂を飛ばしてほしいと思う