(自分の苦しい運命に対して)弱い者ほど許すことが出来ない。

弱い者ほど相手を許すことが出来ない。許すということは強さの証だ!

ご存知の方も多いと思いますが

これはあの有名な(僕も尊敬する)インドのマハトマ・ガンジーの言葉だ。

この言葉は相手に対する心構えだと思っていた。


でも今、僕は自分自身に対しての言葉ではないかと感じている。

そして「自然の摂理」に対する言葉ではないかと感じている。


僕は今こう考えている


弱い者の自分が病気になったことを許すことが出来ない。

自分が災害などの苦境に陥ったことに対して有すことが出来ない。

病気になったことを、苦境に陥ったことを

自然の摂理と考え、受け入れ許すということは強さの証だ!


今、そんなふうに考えるようにした。

そう考えることによって自分の心は救われるからだ。