甘えか甘ったれか

甘えと言う言葉は日本語以外にはないそうです。
なぜなら、これは日本人の特性によるものだからだそうです

甘えとは相手が「分かってくれている」という前提で行動することだからです。

だから相手が想定がいの反応や行動をすると、
「すねる」「ひがむ」「恨む」という心理状態になるわけです。

特に日本人は「暗黙の了解」や「暗黙のルール」などを信頼する傾向にあるために

このような「甘え」が生じるそうです。

いわゆる以心伝心を大切にするがために起こる現象なのだそうです。

だから甘えは甘ったれとは意味が違います。甘えの行動は日本人独特の行動様式なのだそうです.

その意味で「甘え」とは日本人にとっては当たり前の行動様式なので基本的には無自覚だそうです。

しかも「甘え」とは悪い意味ではなく欧米人にはない日本人の良い特性の一つだとも言えるそうです。


しかし「甘ったれ」とは、自ら良く思われたいとか好かれたいという自意識の元に行動することだそうです。

そんなふうに考えると最近、僕は自分が「甘ったれ」ではないかと感じる。

自分が障害者であること(日々のつらさや悔しさ)を「分かって欲しい」という

自意識があるような気がする

いや確実にあると感じる。

そんな意味でやっぱり僕は「甘ったれ」だと思う。

まだまだ弱いと思う。

それに海外とやりとりをする場合この「甘え」は禁物だ。

特にビジネスでは「分かってくれている」という前提は通用しない。

どちらにしても「分かってくれている」などという気持ちは捨てよう。


そして「甘え」もなく「甘ったれ」でもない人生を歩もう