心の薬



心が病んでしまう脳が病んでしまう

「脳=心」なのだから、、

脳が読んでしまうこと身体も病んでしまう。

そして病は老いを加速させる。


そんな病んだ心の最良の薬は「感動」だ。

感動しなくなったら死んでも同然と言ったのは

あの物理学者アインシュタインだ。

そして感動は愛だと思う。

大きな感動でなくてもよい

日々の小さな感動の積み重ねが大きな感動となり大きな愛となる。

子供を持つということは、毎日が小さな感動でいっぱいになる。

子供にとっては毎日が生まれて初めての新たな出来事ばかり。

大人にとって当たり前のことでも

子供にとっては

「生まれて初めて見た」

「生まれて初めてできるようになった」


そんなことでいっぱいだ。


毎日が感動でいっぱいなのだろう。

そしてそれを見ている親も感動をもらえる

僕のような脳を患った人間には

こんな感動と愛こそ最良の薬なのだと思う。

愛こそすべて