不老不死は幸福か。あの世が存在し、魂が存在することは幸福か?

人間は無から生まれ無に帰るのだと思う。もともと魂など存在しない。と僕は考えている。

魂が存在すると主張する人は人は生まれる前にも魂が存在していたというのだろうか

だとしたら江戸時代にも僕の魂は存在していたことになる。

それは妙な話ではないか。

その僕の魂は「あの世」にでも存在していたというのだろうか。

その時は悲しみに満ちていたのだろうか。

死の状態が悲しみに包まれているとしたならば死は恐ろしいものなのだろう。

でも江戸時代に存在していた?僕の魂は悲しみなど包まれていなかったと思う。

江戸時代だけではなく、生まれる直前僕は何も感じていなかったと思う。
生まれた瞬間から感じ始めたのではないのか。

よく赤ちゃんは親を選んで生まれてきたなどという人がときどきいる

そんなバカなはずがない。

生まれる前にそんな判断力なぜ備わっているのか

判断力というものは脳の働きではないか

脳が存在しない状態で一体どうやって判断するのか。

脳が存在しないということは何も感じていない状態ではないのか?

つまり死とはそういった生まれる前に戻るだけではないのか。

にも関わらず人間は死を怖れる。

なぜ怖れるのだろうか

そのためには「幸福とは何か」について考える必要があると思う。

幸福とは生きている人間のためにある言葉だと思う。

死後のための言葉ではない。

幸福は人によって訪れる人もいるし訪れない人もいる、

しかし死は誰にでも平等に訪れる、庶民だろうが帝王だろうが

何時か必ず死ななくてはいけないのだ。

その意味で死とは絶対的な宿命である

通常の人間は誰でも死ぬのは恐ろしいと感じている

人間の全ての営みの根底には必ず「死」が潜んでいる。

昔から人は何とか死の恐怖から逃れようと様々な手段を模索してきた。

秦の始皇帝は中原を統一して天下を手に入れた後に求めたものは不老不死だった。

不老不死を求める人々の望みは今でも全く衰える事はない。

現代医学でも不老不死への挑戦は続けられている。

しかし何時までも生きている事が果たして本当に幸福なのだろうか?

私は若し人が不老不死を手に入れたとした、それは最大の不幸を手に入れた事になると思う。

確かに始めは死の恐怖から解放されて喜ぶかもしれない。

しかしそれは生きる苦しみが永遠に続く事を意味するのではないだろうか。

前回の記事でも書きましたが、あの手塚治虫さんの大作「火の鳥」の第二巻目未来編の主人公

火の鳥によって永遠の命を与えられた。

それは「どんなに苦しくても死ぬことを許されない」ということだったのだ。

自分の友人や愛する人、いや世の中の全ての生き物が死に絶えても自分だけは生きている。

それは究極の孤独の苦しみを意味するのだ。

そんなことが描かれていた。

当時高校生くらいだった僕はその本によって不老不死というものが決して幸福ではないのだと感じた。

でもそれは決し実感ではなかった。

当たり前だ。そんな実感を持てるはずがないのだ。

でも、今回僕は脳出血で半身麻痺なるという体験を通して始めて「実感」したと感じる。

それは死よりも生きることの方が苦しいという実感だ。


そして孤独の実感だ。孤独に生きることの苦しみを実感だ。

障害者になったことによって「誰の役にも立たない人間になってしまった」と感じることは

とても孤独になるものだ。それは精神的には地獄のような苦しみだった。

そんな孤独の苦しみ・・

それは映画「A・I」でも表現されていた。

ここでも主人公は周囲の人(友人や母)がとっくに死んでしまった何千年、何万年という先に

目覚めてしまうのだ。でもそこには誰もいない。

死後、魂が残るということはそういう状態に近いのではないだろうか。

また不老不死というものも同じ状態になってしまうのではないだろうか

だから死後は「無」になることの方が幸福ではないだろうかと思うのだ。