情熱やこだわりも執着心の一つとして人の心を苦しめる

執着心(生きることへの執着心や築き上げたものに対する執着心、さらにはお金に対する執着心)は
それを喪失したときに人間の心はひどく傷つき苦しむものだ。

そして喪失していなくても、喪失することを恐れる心が平常心を失わせるものだと思う。

執着心といえばあまりよくないイメージがあるけれど、

物事(人)に対する情熱や思い入れなども執着心だと思う。

だから物事(人)に対する情熱や思い入れなども平常心の邪魔になるものだ。

人間の心ってやっかいなものだ。

ときにはこのような執着心は人間の行動のパワーとなり、原動力となるものだ。

でもだからこそ、それを失うことを人間を恐れるのだ。

「怖れ」を抱いた段階で平常心は失われてしまい、正しい(素直な?)判断が出来なくなる

この「怖れ」を取り去ることができれば、実に冷静に物事が判断できるのに・・と思う。

僕にはまだまだ「怖れ」がある。。

やはり死に対する怖れだ。。

一度は死にかかって、もう怖れることなどないと思っていたけれど、

昨夜、たまたま下記のもやもや病に関するサイトの記事を読んだとき、
かなり動揺してしまったのだ。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/moyamoya/Bleed_hx.htm


再出血の確率61.1%・・・

僕は統計などあくまでも他人のデータを集計したにすぎない、自分ではない

と考え、自分の体の生命力を信じて、怯えることはやめようと決意したはずなのに

やはり61%という確率を見てしまうと恐怖感のようなものが沸いて来るのだ。

しかも血圧とは相関性がなく、
(45歳から55歳までが最も確率が高い)年齢に相関性があるというのだ。。

まさに僕の年齢がジャストミートしているのだ

やっぱり恐いという気持ちになってしまう。

今、僕は「自分の体の生命力を信じよう」と必死で心の中で唱えている。。

まだまだ僕も生に対する執着心でいっぱいである証拠だ!

逃れようとして、逃れられないと気づいて苦しんでしまう。。

困ったもんだ。。