心に義足は付かない

肢体が不自由になっても

足が不自由になっても、

何とか義足で生きていける

手が不自由になって何とか

義手や工夫と知恵で生きていける。

でも・・

心が壊れてしまったら、、


心には、魂には、義手も義足もつけることはできない。


魂が壊れてっしまったら



心が壊れてしまったら

意欲もなくなり、知恵も工夫もでない。

そうなったら人間は終わりだ



しかし、心さえ、魂さえ、壊れなければ、



たとえ手が不自由でも、足が不自由でも、

意欲を燃やすことができ、


意欲が知恵と工夫を生み出し、再び力強く生きていける。