心に10%の「空」を作る

心の中にほんの少し強いから「空」を作りたい。


「空」とは「自我をなくすこと」


生身の人間であるから自我を100%なくすことなんて不可能だ

だから10%でも良い。

心の中に「空」も作りたい。


そうすればこの苦しみが和らぐような気がするから・・

司馬遼太郎さんによるとあの西郷南洲西郷隆盛)という人は心にほんの少し「空」を作ることができる人だったという。

人はその「空」に魅せられたという(自我や我欲が見えない瞬間があったのだろう)

心の中に「空」を持つことができる人は、憎しみや悲しみや怒りなどの負の心を持ってしまうような

相手や自分の状況を素直に受け止めることができるのではないだろうか


「素直に受け止める」これがなかなか出来ない。

どうしても自我、つまり自分の思い入れやこだわりなどが邪魔をして受け止めることが出来ない。

無理に受け止めようとすると(くだらない小さな?)プライドに傷がつき、心に悲しみや怒りや憎しみが芽生えてしまう。


そしてこの悲しみや怒りや憎しみに人は苦しむ。


僕も毎日の苦しい。


だからこそほんの少しでも良いから心の中に「空」を作りたい、


たとえ10%でも良いから。


そうすれば持ちたくもない悲しみや憎しみや怒りから


大きく解き放たれるような気がするから・・ 


そこから前向きになれるような気がする