自分に負けてたまるか。

今日感じた負けてたまるかという思いは他人に対する悔しさから来ている。

それは自我があるからだ。

自我があるから悔しいという気持ちになってしまう。

その悔しさの裏返しとして、負けてたまるかという気持ちになっているだけだ。

自我さえなければ悔しさも、悲しみもないはずだ。


しかし現実には、人間自我をなくし涅槃の境地になることなんで不可能だ。

あの西郷南洋は人と接する時に、(司馬遼太郎さんの表現によると)10%の「空」を作ることが、
できた人だという。

その「空」に人は魅せられ「この人について行こう」と思うのだという。

完全に自我なくすことなんて人間には不可能だけれども、
せめて西郷南洋のように10%でも良い、いや5%でも良いから自分の中に、「空」を作ることができれば、

悔しいなどという気持ちは少しは和らぐのではないだろうか

本当の強さとはやっぱりそんなところにあるのではないだろうか

まだまだ「空」になり切れていない。


自我とか我欲から来る悔しさの裏返しとしての負けてたまるかという気持ちにすぎない。

それでは自分に勝つことは出来ないだろう

少しでも良い。「空」になることで「自分に負けない」心になりたい。



そんな意味で「自分に」負けたまるか