すべては心

人間が不幸になるか幸福になるか

すべては心次第である。


心が弱くなってしまうとすべては終わりだ。

辛いと思えば辛くなる。

心は強くなければならない。

「強い」という意味は「敵に勝つ」というような強さではなく、

「苦境に耐えることができる」という意味での強さだ。

この強さがなければ人生、生きてなんていけない。

この心の強さはどうやって生まれるのか

それこそ苦境が心を強くするのではないか

今回の東北大震災報道の中で「東北の人間は強い苦境に耐えることができ笑顔で答えられる」

といっている人がいたが、

僕はちょっと違うと思う。

東北地方という自然環境自体が苦境そのものだったので東北の人たちは心が強くなったではないか。

「心が強いから不苦境に耐えることができる」のではなく、「苦境に遭遇するから心が強くなる」

のではないか

たくさんの苦境に遭遇するからこそ苦境に耐える「心の持ち方」を体得できるようになったのではないか



それに引き換え現代の日本には「心の病」を持つ人が増えた。

これは日本が平和で裕福になってしまったことが原因ではないだろうか

いわゆる「平和ボケ」の一つではないだろうか

先般、石原慎太郎知事の「天罰だと思う」という発言に対して猛烈な批判が出たが、

僕はある意味石原慎太郎知事の言おうとしたことがわからないでもない。

被災者にとって「天罰」などと言われると、たまったものではないのは理解できるし、

被災者をきわめて傷つける失言だったことは否めない。

しかし日本人全体に対する「天罰」というのであれば同意できる。

「(日本人は)一度我欲を洗い流す(必要がある)」という発言には一理あると思う。

確かに今の日本人はあまりにも裕福すぎて

裕福が故に欲が欲を呼び、我欲が強烈になり強欲になってしまっているのではないだろうか。


そしてその欲(強欲)が満たされないと心が病んでしまう。

そんなスパイラルに陥ってしまってはないだろうか

苦境の中に身を置いてこそ、苦境を受け入れるために

我欲を捨て去るための術を心が身に付けるものではないだろうか。

僕自身、体が不自由になって、無職無収入になってしまい

こんな苦境になってしまってからというもの、昔の自分に比べ我欲が相当少なくなったと思う。

だって今まで持っいた欲なんてほとんど満たすことのできない身体になってしまった今、

我欲なんかを持ってもいたら、その我欲が満たされないために苦しむのだから、、、


すべては心の問題だ。

心が弱いと生きていけない。それが人の人生ではないだろうか

人間の人生そんなに甘いものではない。

少しでも心が弱くなったらあっと言う間に奈落の底に突き落とされてしまう。


だからこそ、自分の心が強くあるためにどうすれば良いのかを追求し続け、

そして日々が心の修行でなければならないと思う。

僕が身体が不自由になったことも、毎日痛みとしびれに苦しまなければならないことも、

心を強くするために与えられた苦境であり、修行に違いない。