今日精一杯大切に生きる

人間は知性があるから未来を予測する。

人未来を予測できるからこそ不安になるのだ。
あの稲盛和夫氏もその著書に書いておられるように

才子は才知があるがゆえになまじ先が見えるから今日一日をじっくり生きることを厭い、
最短距離を行こうとする。しかし功を焦るあまり、思わぬところで足を救われる。

確かにその通りなんだろうなぁ。



僕の場合、健常者の頃の歩行速度というものが頭に残っているためによろよろとしか歩けない
自分の足がまどろっこしい。。

あまり腹が立つので、以前(健常者の頃)のイメージで無理して先を急ごうとするとつま先がうまく
上がらず、盲人用の黄色のタイルごときにつまずき転倒しそうになる。

そんな時できるだけ気持ちを落ち着け考えるようにしている。

ゆっくりでも良いから一歩一歩、着実に歩こう。

着実にその「一歩」の積み重ねをすることによって目的地にたどり着けるんだ。

焦ることはない。焦るんじゃない。

自分に言い聞かせる。

1日にできることも健常者の頃に比べると大幅に少ない。

だから焦る。

そんな時も、

平凡な毎日を一生懸命に生きることが平凡を非凡に変えるんだ。

自分を信じ今日を最大限一生懸命生きろ。

焦る必要はない。

でもそのためには、自分を信じることが大切だと思う。

そして自分の心の中の希望をして捨てず信じ続けないといけない。

それがないと焦りの気持ちが増幅する。


今目の前にあることに対して最大限努力しよう。

毎日の創意工夫が大きな飛躍を生み出すということを信じよう。

今日目的が達成できなくても、明日がある。

明日、また新たな創意工夫をすればいいじゃないか。

焦りは禁物だ。

焦りは希望に疑問を持たせてしまう。

いくらリハビリをしても回復の実感をもつことができない。

必ず良くなるということを信じて毎、日今日を精一杯生きよう



きっとその積み重ねこそが「奇跡」を生むに違いない。

とにかく信じることだ!

信じて毎日を大切に一生懸命生きるしかない。

希望を信じられなくなったらおしまいだ。