今そこにあるエネルギー革命

今回は私の障害に関する泣き言ではなく夢のある記事です。

近い将来この日本で夢のようなエネルギー革命が起こるかもしれないという話です。

以前にもまだ実験段階の途中で少し記事を書いたのですが今回もう少し詳しく書いてみます。


それは水を燃料として利用してエンジンを回し自動車を知らせることに成功したという話です。
これは今、私がこれからやろうとしている日本の技術の海外への紹介NPO法人事業を進めようとするなかで得た情報です。まず水を燃料として動かす自動車というといわゆる燃料電池車のことかなと思われる方が多いでしょう。

でも燃料電池車は、水を燃料としているわけではありません。
燃料は水素です。しかも水素を爆発させてエンジンを回しているわけではなく、
水素と酸素の化学反応により電気を発生させ、その電気で走る「電気自動車」です。
今回開発に成功したというのはこういった燃料電池車(電気自動車)ではなく、
ピストン型のエンジンを水を燃料として持つことができる「エンジン自動車」なのです。
具体的には、水からブラウンガスというものを取り出します。
このブラウンガスは燃焼すると水になります。
ですからガソリンのような排気ガスは一切出ません
しかも水から生成されるというのですから、海がすべて燃料として使えるということを意味します。
なんとこのブラウンガスを燃料としてエンジンを回すことができ車を走らせることができたのです。
ブラウンガス?聞き馴れない言葉だと思います。
ブラウンガスのことをガス業界の人が聞くと。すぐに「怪しいから手を出すな」と言われると思います。

それではまずブラウンガスとは一体何のかについてここで説明したいと思います。
(ちょっと長くなるので、化学がからっきしダメだという人は読み飛ばしていただいて結構です)

ブラウンガスとは・・・

ブラウンガスは、水素と酸素が2:1の割合で存在している気体です。
水素単体を燃やすと爆発するんですが、この気体を燃やすと爆縮します。
燃えた瞬間に水となり周りは真空になってしまいます。
なので、ブラウンガスをそのまま使用してもエンジンの燃料にはならないと言うがこれまでの常識でした。

ブラウンガスは、ブルガリア出身のユール・ブラウン氏によって発見された水素と酸素が2:1の混合ガスです。水酸素ガス、ZETガス(ゼロエミッション・テクノロジー・ガス)、CPガス(クリーンパワーガス)、E&Eガス、アクアガスなどと呼んでいる人もあります。
簡単に言えば水の電気分解です。ふつう水の電気分解ですと水素と酸素を別々に分離して取り出しますけれども、彼の場合にはこれを混合気体として取り出す。そしてこの場合に分子状の水素と酸素を混合したものでなく、いきなり発生させたときの、つまり原子状の化学用語でいう発生期の水素、酸素ガスの状態でこれが出てくるのです。

私も化学の出身ですから発生期というのは大昔習ったのですけれども、非常に不安定な状態で、ものすごく短時間に原子状のものが分子になってしまう。そういうことしか教わっていなかったわけですが、どうもこのブラウンガスの場合にはその常識とはかけ離れたような挙動がいろいろ見られます。

それでは水素と酸素が混合しているからものすごく不安定で、振動とかショックですぐ大爆発でもするのではないかと思うのですが、これは皆さんご存じはどうか分かりませんが、に爆発限界というものがあります。63、64%ぐらいになると爆発する可能性はありますが、これはちょうど水素と酸素が2対1ですから、約67%ということで、爆発限界から若干離れているわけです。化学の特性というのは非常にうまくできているもので、若干でもこれは全く爆発しないのです。
では、爆発しないで火をつけたらどうなるかというと、これは爆縮するのです。凝爆ともいいますが、爆縮とか凝爆。英語で言った方が分かりやすいのは、爆発はエクスプロージョンですが、凝爆はインプロージョンです。うちに爆発するというか爆縮です


 
そのために、例えば着火しますとバッと燃えて周りが真空になるわけです。つまり空気の容量から液体の容量に、水になってしまうわけですから、液相に移るわけですから、その空間がなくなるので、これは真空になる。ですからバーナーの炎を手に近づけて、このぐらいの炎が出ているとしますと1cmぐらい近づけてずっと手を置いておいても、全く熱く感じない。火傷もしない。そういう非常に集中した、エネルギーを外に無駄に流さないと言う特性があります。

そして非常に面白いことですが、これを燃やすと非常に不思議な常識では考えられないような特性を持つのです。

炎の温度はたかが280℃と非常に低いのです。にもかかわらず、が驚くことになんでも溶かしてしまうほどの驚異のパワーを持っているのです。

これを鉄に当てますと、鉄板1mmでも2mmでも簡単に孔がスポッとあきます。ちょっとサンプルを持ってきました。これは日銀さんには悪いけれども百円玉をブラウンガスで、小さな普通のアセチレンバーナーと同じものを使ってあけたのです。そうすると、これは4~5秒で孔がスポッとあいてしまう。ふつうアセチレンを当てますと、このニッケルの百円玉は真っ赤になって溶けることはしないのですが、これがブラウンガスですと5~6秒でスポッと孔があいてしまうのです。
(これは23年前に私の知り合いがブラウンガス発生装置を入手したので、そんときの実験で私も見たことがあります。本当に驚きました。)


ブラウンガスとはこのような常識はずれの非常に面白い特性があるので、これまでいろんな山師(投機的な事業で金儲けをたくらむ人や儲け話を持ちかけて他人をだます詐欺師を指す)たちが群がってそこで一旗儲けようということもありまして、余計ブラウンガスの業界といいますか、フィールドを怪しくしてしまって、そんなものには手を出すなということがガス業界では常識となっていました。

上記のようにブラウンガスは爆縮すると燃えた瞬間に水となり周りは真空になってしまいます
そのためブラウンガスをそのまま使用してもエンジンの燃料にはならないと言うのがこれまでの常識でした。

ところが私の知り合いでこのブラウンガス発生装置を韓国から購入者した人間がおり、その人間が、
ある大手自動車メーカー(M社)の下請けの研究所に装置貸与したところ、半年ほどの研究や実験の結果、
このブラウンガスでエンジンを回すことができたという報告が昨年の秋ごろ広報告を書きました。

私たちは正直半信半疑でした。実用レベルに達するようなものなのかどうか疑問を思っていました。
ところが最近になって、東海大学東京海洋大学海洋工学部でブラウンガスでエンジンを動かすことに成功したらしい
という情報を入手しました。
下記のURLで紹介されています。


http://2chinfo.blog88.fc2.com/blog-entry-291.html


そこで去年の秋に報告がきた研究所にその後の状況を確認したところ
なんと自動車を走らせるレベルまでの出力を出すことに成功したということです。

これは驚くべきことです。

本当に水が自動車の燃料として利用できる日が近いことを意味することです。

本当にそうなれば、現在のように、原油価格で日本経済が振り回されることがなくなる可能性もあるのです。
もちろんエネルギーとしての石油に限りますし、プラスチック材料などの原料としての原料(ナフサ)などの
供給は依然として産油国に依存しなければなりませんが、それでもエネルギーとしては革命的なことが起こることになるのです。

現在ロシアは原油価格の高騰によって儲かっていることを背景に北方領土問題などに、非常に強気な姿勢
に出てきていますが、こんなこともできなくなる可能性があります。

以上のようなとても喜ばしいニュースが靴が履けないなどと小さなことで嘆いている僕の耳に、
昨日飛び込んできました。

昨夜は靴が履けないことなどで落ち込んでいたのですが、今日になってよくよく考えてみると、なんだか胸がどきどきするほど、とてつもないすごいニュースだということに、やっと気が付きはじめたので記事にしてみました。