生まれて初めて死を覚悟した瞬間

初めて死を覚悟した時


僕が生まれて初めて死を覚悟したのは昨年三月の脳血管バイパス手術の時だった。
出血性もやもや病の場合再出血の危険性があるということでそのリスクを少しでも減らすための手術でした。
血管同士の直接吻合をする手術でした。
直径 0.2ミリの血管同士を吻合するという難易度の高い手術だった。
しかもそれは顕微鏡を見ながらの手技による手術だった。
人間が手技で行う以上、どんなに名医であっても「完全」はあり得ない。
そのことが何を意味するか十分理解していた。

少しでも手元が狂い血管もしくは脳細胞を少しでも傷つけてしまえば「最悪の事態」になるとは自明の理である

インフォームドコンセントでは確率の話をしてくれるが本人にとっては確率の問題ではない。

つまり一定の確率で死ぬことがあり得ることだ!


僕は何が起こってもおかしくないという覚悟をしていた。

そして手術・・

全身麻酔のためのマスクをはめられチューブが差し込まれてきた。
「はい大きく息をしてください」

目の前には主治医の顔が見えている

周りを見渡すと助手が数人見えている。

「いよいよだ・・」

心の中で「覚悟」した。。

「今見えている手術室の光景が僕が見る最後の景色かもしれない」

という思いが一瞬頭の中をよぎった・・

南無三!

眼を閉じた・・・

大きく息を吸った・・最後の息か・・・

次の瞬間

「はい!起きてください!」という声が聞えた

5時間の手術は既に無事終わっていた・・別の世の中に目覚めてきたような感覚

ここはあの世か・・そんなこと思いながら麻酔から覚めてきた。

それが僕が生まれて初めてと本当に死を覚悟した瞬間だった。

あっという間のことだった・・

本当に死ぬ瞬間というのもこんな感じなんだろう・・

もしかしたら「悲しむ」という瞬間さえも与えられないのではないだろうか。

そして次の瞬間、僕は「無」になっている。

同時に僕の世界も消滅している

なーんにもない「無」

真っ白でもなく

真っ黒でもなく

真っ暗闇でもなく

「無」なのである。

世の中も「無」になっているのではないだろうか

もしも輪廻転生というものがあるとするなら、
意識が消えたその瞬間「オギャー」と目が覚めるのかもしれない。。

今までの記憶もなーんにもなく「新しくできた世の中」で、新しい「母」に抱かれて・・・



そんなことを感じているせいか死に対する恐怖感は今の僕にはない。

だって今を生きることの方がずっと辛いんだから・・