本当に大切なこと

人が生きる上で本当に大切なことって何だろう

お金?

お金では絶対に手に入らないものがあります。


僕は、「希望」と「志」と「人とのつながり」の3つだと本当に思っています。

これはキレイ事でも何でもありません。

これは僕自身が実感していることです。

人間はこの三つを失うと、そんなにお金があっても生きる意欲を失うでしょう。

希望も志もお金で買えるものではありません。

これらは自分の心の中で持つものです。

どんなに貧しくても、希望と志を持つことの出来る人がいます。

逆にそんなに裕福でも希望も志も持っていない人がいます。


希望がないと明日まで生きる意欲がなくなります。

明日まで生きるが理由がなくなるからです。

明日があるさ」という言葉がありますが、
希望を持っていない人には明日はありません。

そして人とのつながりは信頼関係がないとつながりはできません。
いくらお金を持っていても、信頼のない人は無視されます。愛されることもありません。
いくら貧乏でも誠実で信頼のおける人は周りが支援してくれます。

信頼のない人、あるいは人を裏切る人、いくらお金を積んでも他人は何もくれません。

そういうつながりがなくなると、人は孤独になります。

孤独・・
これは人間にとって本当につらいものです。

人とのつながりのない人生なんて着ている意味がありません。

例えばヤクザの世界でもきっと同じでしょう。

裏切るやつには容赦のない世界でしょう。
孤立してしまうと弱いものです。

誰も助けてくれません。

そのためにはどうすればいいのか。

人の役に立つ人間になることだと思います。

「人の役に立つ」つまりは相手のことを思いやることができ、

自分よりも、相手のためにがんばることのできる人だと思います。


だからこそ「役に立たない人間になってしまった」と感じることは「恐怖」でもあるのです。

「とにかく生きること」が大切であるという人がいる。

「命」が大切であるという人もいる

でも僕は、必ずしもそう思いません。

「希望」と「志」と「人とのつながり」の3つがない状態で出来るのなら、死んだほうがまマシ」だと
思っています。

この三つがない=死んだも同然だと思うからです。


「希望」は「命」であり、「人とのつながり」こそが「命」だと思うからです。