こだわりと誇り

ときに職人さんの「こだわり」は賛美される。
伝統工芸などの伝統技術の世界であればそれも良いかも知れない。
しかし、未来に向かって進むときこだわりは禁物であと思う
こだわりは、過去から積み重ねた努力の結果であるかも知れない。
その築きあげた基礎があるからこそ、次のステップに踏み出すことができるのかもしれない。

決してそれらを蔑ろにしろというのではない

こだわりとは、一種の誇りでもあるのではないだろうか
。しかし誇りというものはそれを傷つけられたとき、
必要以上に意欲に悪影響が出るものである。
新しい未来に向かって、前に進むときそれは大きな壁となる
僕自身がそうであった。
人間、45歳にもなればそれなりに積み上げてきた「自分」というものがある
しかも築き上げてきた「モノ」をベースにした働き盛りの年齢でもある。
そういうものが脳出血であっという間に消失した。
その喪失感たるや僕にとって並大抵のものではなかった。
この2年はそのことで苦しんできた。
長い間「前を向く」ことができなかった

しかしこの2年の間にどうすれば前を向くことができるのか悶々としながら考えに考えた結果
僕なり結論は自分「自我」あるは「こだわり」を捨て去ることだった。

こだわりを捨て、今この瞬間の現状を素直に受け入れ、
真っ白な状態から希望だけを持ち、前だけを見ながら進むと意欲と持つことができるものだものだと思う。
そのとき過去の栄光や自信は邪魔にしかならない。こだわりは物事の見方を歪めてしまう。
こだわりを捨て、素直な心で物事に取り組むときにこそ、新たな希望が生まれ創造が生まれるのではないか。
人は往々にして、こだわりの中に自らの誇りというものをもつものだと思う。

それを捨て去ることは堪え難い喪失感を味わう。
こだわりが強ければ強いほど、自我が確立されていればいるほど、それを失ったとき挫折感を大きくするものだ

人にとって喪失感ほど恐ろしいものはない。最大の喪失感を味わうのは人(特に肉親)の死であると思う
しかし人間は不思議とそういった喪失を乗り越えたときにこそ、新しい自分を発見し
、新たな希望が生まれ新たな道を歩み始めるような気がする。

こだわりのない創造的な心構えと絶対にできるという信念と絶対やり遂げるという不屈の精神こそ、今必要だ。

不可能だと思った瞬間から本当に不可能なる
諦めたら、そこで終わりだ。
確実性など求めずに、自分を信じ続け希望捨てずに前に進み続けることが知恵を生み、
あらたな創造を生み、未来を切り開くのだ信じている