健常者と障害者

「健常」とは体がしなやかに動き、力強く走ることができ、素早く身をこなせることではなく
人の心の持ち方であると思う

たとえ肢体が不自由で動かなくとも、燃えるような情熱を持ち、希望に燃える心
安易を振り捨てる冒険心、保身せず、勇気を持って新しいことに臨む心がある者は健常者であると思う

体に不自由がなくとも、現状に慢心し、
情熱や意欲が萎え、保身を考え、挑戦の心を忘れた者こそ障害者だとは言えないか

その意味で僕はいつまでも健常者でありたい