我慢なんてしたくない(無私無欲にこだわる理由)

僕が無私無欲にこだわる理由は単純です

苦しみを我慢しなくてよくなるからと思うからです

我慢とは
------------------------------------------------------------------------------
「我慢」は、自分に執着することから起こる慢心を意味し、
「高慢」「驕り」「自惚れ」などと同義語であったという
そこから意味が転じ、我慢は「我を張る」「強情」などの
意味で使われるようになったらしい。
さらに、強情な態度は人に弱みを見せまいと耐え忍ぶ姿に見えるため、
近世後期頃から、現在使われている我慢の意味となったとあります
我慢の元となる「七慢」は、「慢(まん)」「過慢(かまん)」
「慢過慢(まんかまん)」「増上慢(ぞうじょうまん)」「我慢(がまん)」
「卑慢(ひまん)」「邪慢(じゃまん)」で、それぞれの意味は以下の通りだが、
文献によって解釈が異なる部分もあるという。
・慢とは、他と比較しておごり高ぶること。
・過慢とは、自分と同等の人に対し、自分の方が上だと思うこと。
・慢過慢とは、自分より優れた者に対し、自分の方がもっと上だと思い誤ること。
増上慢とは、悟りの域に達していないのに、既に悟っているという自惚れの心。
・ 我慢とは、自分に執着することから起こる慢心のこと。
・卑慢とは、はるかに優れた者と比較し、自分は少ししか劣っていないと思うこと。
------------------------------------------------------------------------------
いずれにしても「我」をなくし、無私無欲になれば苦痛にも我慢する必要がなくなると
思うから・・

中枢性疼痛の痛みを我慢し続けるのはつらいから・・

障害者となった精神的苦痛を我慢し続けるのはつらいから・・


我慢なんてしたくない

だから我をなくしたい。


僕はそんなに強くないから・・

僕の「我」は弱いと知っているから・・

本当は弱音を吐きまくり泣き叫びたいという弱い自分がいるから・・

だから「我」を無くしてしまいたい