日本は30年で粗悪品から世界最高級品質質を成し遂げた。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のシリーズ第3作に印象的なシーンがありました。

1985年から1955年(30年前)にタイムトラベルしたマーティは、
(1955年の)ドクにデロリアンの修理を頼む。小さな電子部品を見てドクは言った…

「メイド・イン・ジャパンだ。これなら故障するわけだ」

 マーティは、即座に切り返した…
「ドク!何を言ってんだ?メイド・イン・ジャパンが最高なんだよ」

 1955年には日本の製品は粗悪品の代名詞だった、

そう「メイド・イン・ジャパン」は1985年までの30年間で、最高級品になっていたのだ。
このくだり、日本人として誠に誇らしいと思う。
今でも日本の品質や技術力は世界最高だと僕は信じています。
このほど博報堂が発表した、「日本製品に対する各国のイメージ」は…

 高品質である・・・・・・・・・1位(ダントツ)
 活気や勢いを感じる・・・・・・2位(やられたー)
 カッコイイ、センスがいい・・・1位(2位が急追)
 価格に見合う価値がある・・・・1位(安泰ではない)
 明確な個性や特徴がある・・・・1位(安泰とはいえない))
 楽しい・・・・・・・・・・・・1位(安泰)
この博報堂の調査、おもしろいです。負けず嫌いの日本人は、溜飲を下げる調査結果です。
 「活気や勢いを感じる」が、2位になっているのが日本人として気になります。

1位はどこだったか?韓国でした。

つまり「意欲」という面では現在、今、日本韓国に負けているということを意味します。
これは常に危険だと感じています。
一つ前の記事にも書きましたように「意欲」こそが人間の能力向上の源泉だと思うからです。


では意欲を持つためにはどうすれば良いのか
僕は「希望」を持つことであると考えています。

今の日本は、「閉塞感」があり、希望が持てないとよく言われるが、僕は決してそんなことはないと、
思います。

このブログの冒頭にも書いてますように「希望というものは、世の中の状態ではなく、心の状態」だからです。

どんな苦境においても、人間の心の中に「希望」を持つことができると思うのです。
戦後の日本は、焼け野原という将来が全く見えな苦境の中でも「希望」を持ち続け、
頑張り続け、前述したように30年(終戦からは40年)で粗悪品から世界最高級品質を成し遂げたのです。
だから「希望を持ち、意欲を持ち続ける」ことさえできれば、日本は必ず復活すると信じています。

そのためにも政治家さんやメディアは、むやみに「今の日本は閉塞状態である。」というような言葉は謹しむべきだと思います。

もっと夢を語って欲しい。
「日本は必ず復活できる」というようなイメージができるビジョンを国民に自信を持って、
語ってほしいと思います。

国民に「意欲」を持たせてほしいと思います。

そうすればさらに30年後には、日本は復活している信じます。

1年2年先の目先の経済対策に振り回されているようではダメだと感じます。