日本人的解決策

最近、中国企業レアメタルの確保のためにアフリカにものすごい勢いで進出しているらしい。
しかし、現地で問題が起こるとその解決のためには自分たち中国人の都合を押し付けるらしい。
それによって大きな問題が発生していると聞きます。先日の記事にも書きましたようにショットガンで威嚇するというような荒っぽい方法を平気で行うらしい。
確かにこれではいけないと思う。
それに比べて日本企業の対応方法は素晴らしいと思う
日本人的問題解決策。
それは「信頼関係」を構築するということに尽きるらしい。
確かに「信頼関係」に勝る解決策はないと思う。
だから元気の監督者には現地の人を教育して使うらしい。」
現地人同士のコミュニケーションであれば、
同じ民族同士ということもあり「暗黙の了解」のような信頼関係もあるだろう。
ビジネスを本当に成功させるためにはこういった信頼関係ほど重要のものはないと思う。
中国人だけでなく、欧米人は20世紀初頭からの植民地政策時代には自分たちのルールを押しつけてきた。
これって今の中国人がやってることと変わらないのではないか。
日本人は最初から信頼関係を築くことに集中するらしい。
信頼関係というものを構築するには非常に時間かかるので、ビジネスの場では適さないかもしれない。
しかし長期的観点から見れば、信頼構築ほど重要なものはない。
これこそが日本人の強みだと思う。
日本文化の一つでもある「相手を察する心」や「以心伝心」からくる「礼」の文化。
こういった文化は世界に誇るべき文化だと思う。
決して「弱腰」というようなものとまったく違う。
恥ずかしいことはない。

こういった日本的ソリューションを世界に普及していくことをすれば、
日本の社会的地位が向上するに違いないと思う。

何も最先端技術だけが日本の優位性ではないと思う。
GDPも中国に追いぬかれましたが、今の時代「生産量」なんて先進国の証でも何でもないと思う。
これからの時代GDPの金額が大きいから経済発展するとは限らない。
中国はGDPを押し上げたために無謀ともいえる通貨の過剰供給を行い、極端なバブル経済の状態である
このこのバブル経済がはじけると中国は大混乱に陥るだろう。
GDPが中国に抜かれたってどうでも良いじゃないか。
「解決策」つまりソリューションを開発し提供できるような国こそ
本当の意味での先進国ではないだろうか。
その意味では新幹線の車体や線路の技術よりも新幹線の高度な運航管理のソリューションこそが
日本の力だったのに先日のJR東日本のトラブルは残念でならない。