中国人はアフリカで労働者にショットガンで答えるそうです!?

現在中国がアフリカに対して大規模な投資をしています。
前の記事にも書きましたが、中国人のアフリカのインフラ整備支援の目的は「金儲け」しかないということを改めて思い知るブログに出会いました。
坂東忠信さんという方が書いてらっしゃるブログの「労働者にはショットガンで答えます。」という記事です。驚愕の情報でした。自らの利益しか考えていない証拠とも言えます。
該当記事
http://ameblo.jp/japangard/entry-10764562014.html


この記事を読んで、「中国には勝てる」と逆に確信しました。

海外に日本の技術を輸出する目的はあくまでも「その技術を使って、相手国の問題を解決してあげる」ということ最大の目的にしなければならないと思います。
つまり「技術の売り込み」ではなく「ソリューションの提供」であり、結果として相手国の問題を解決し、その貢献に対する「正等な対価として代金頂く」というスタンスを崩さなければ、金儲け第一主義の中国なんかには絶対に負けないと思います。

いくらGDPで負けても良いんです!
日本はもう生産国(世界の工場)である必要はないと思います。
日本は世界のソリューション開発国を目指すべきだと思います。
だからモノを大量生産をして大量販売する必要はないのです。
本当に世界を必要としているソリューションを開発できれば、日本は「必要とされる国」となるため、
モノを販売しなくても十分に投資がくるはずで、それで日本人は生きていけるはずです。
巨額のGDPなんて無意味だと思います。

だから日本の技術は世界一でなければならないのです!2位ではダメなのです 蓮舫さん!