楽になれるものなら楽になりたい

前回の記事に対してのコメントにもっと楽に生きてみては・・というコメントを頂きましたが、
残念ながら楽になることができないというのが正直なところです。
僕自身、自分が障害者になるまで障害というものがこんなに辛いものとは思っていませんでした。
この場合、毎日、朝、目が覚めたときから闘いの始まりです。
まず、朝 目が覚めると、ベッドから立ち上がるだけで必死です。
立ち上がろうとすると寝てる間に硬直した左足に猛烈な激痛が走ります。
これに耐えて、歯を食いしばって立ち上がるのです。
それから午前中は中枢性疼痛が酷く、これにも約半日、耐え続けなければなりません。
気を抜こうものなら、苦しくて「このことが続くなら死んだ方がマシ」と感じてしまうのです。
午後になって中枢性疼痛が少し和らいできても、左足も左手も鉛のように重く、
椅子から立ち上がるだけで重労働であり、何クソッと気合を入れないといけない。

毎日がこんな感じです。

正直言って障害を負った当初は、こんなに毎日が辛いのなら死んでしまいたい。
考えたことは何度もあります。

そんな状態ですので気持ちを常時「戦闘態勢」にしておかないと生きていけないというのが
正直なところです。この状態が死ぬまで続くというのが脳卒中の後遺症の残酷なところです。

僕自身、健常者だった頃体の体の不自由な人を見ても、その人が苦しみと闘っているようには見えていませんでした。リハビリをしてある程度歩けるようになると、
不自由だが「苦痛」はないのではないかと考えていました。
しかし自分が障害者になってみると、全くそうではなかったことを思い知らされました。
これは僕の家内でさえ理解できていないと感じることがよくあります。
家内はよく「リハビリのために軽く散歩でもしてきたら・・」と言ってくれるのだが、
「散歩」いう言葉が僕にとっては「重労働」としか聞こえないのだ。

実際、歩くときには鉛のように重たい左足(成人の片足の重さは10kg近くあるそうだ)を引きずって歩かなければならない。
感覚的に、健常者の方に伝わるかどうか分かりませんが、あえて表現すると、
奴隷が足に10kgの鉄の玉を付けられて歩くような感じです。
あるいは足の付け根から下が鉛のマネキンの足を付けられているような感じです。
それこそ必死で引きずって歩くという感じです。
歩くということだけで闘争心をむき出しにしないと歩くことができないのです。
こんな毎日だからこそ、毎日生きていくためには闘い続けなければならないのです。
闘っているときこそ輝いていると思うのです。
楽になれるものなら、楽になりたい。常に気持ちを張っていなければ生きていけない。
というのが実感です。

楽になれるものなら、楽になりたい。

楽になることが許されないと言うのは本当のところで、少しでも気を抜いたら
余計につらくなるのです。

こうやってブログを書いているときも、左わき腹の奥の筋肉が麻痺しているので、椅子に座って
まっすぐの姿勢を保つだけで歯を食いしばって書いています。

もちろんベッドに横になれば、楽になるのですが、1日中寝ているわけにもいかない。
寝たきりなんて死んだも同然です。

たとえ辛くても、起き上がり何かに集中していることが生きている実を感じるときなのです。
。まあこんな状態(絶えず精神を張りつめている状態)がいつまで続くか分かりませんが・・

それでも今では「耐えることに慣れた」というか
苦痛に耐えるために
闘争心を絶えず燃やし続けることで苦痛に耐えることができることが分かった。
だから僕は闘い続けるしかないのです。