有害粉ミルク被害者が有罪?!!!中国は怖ろしい

中国で、2008年に起きたメラミン入り有害粉ミルク事件で自分の子どもが被害を受けて、他の被害者らと補償を要求していた男性が逮捕され、裁判で、北京裁判所は、『公序をかく乱した罪』で、
禁固2年半の判決を言い渡したというニュースをCNNでやっていた

眼が点になった・・
メラミン入り有害粉ミルクを作ったメーカーが有罪になるのならともかく、
補償を要求した被害者が有罪だなんて、、この国はどうなっているんだ。

最近、論語関連の本を読みふけっている僕は あのすばらしい孔子の中国の世界は
どこにいってましまったのだろう。。と憂いてしまった。


この国の起業にPL法(製造物責任)が全く通じず、不良品を買わされて困っている輸入業者
が存在するのもわかる。こんなニュースを聞いて、中国の車を購入する人なんているのかな

中国はこの先どこまで「狂人」になっていくのだろう。