生態系維持と林業経営の両立

以下は経済技術ジャーナリストの武末高裕さんの精力的な取材の結果の記事から引用させていただきました。考えさせる記事です


------------------以下引用文--------------------

日本の山は荒れている。荒れた山を日本中で見ることができる。原因は木材の輸入自由化によって、海外の安い木材が大量に入ったことにある。安い輸入材に国産材は値段で太刀打ちできない。林業家の意欲は萎えてしまった。スギやヒノキの人工林は手入れをするのが前提になっている。枝を落とし、定期的に間伐をしていく。手入れをすることで、まっすぐに木は伸びるし、太い幹となる。それで商品価値は高まる。

 しかし切り出して出荷しても、赤字になる。それなら切り出すことなく、放置していたほうがいい。手入れはもちろんしたくない。費用がかかるからだ。枝を落とすこともしない。間伐もやらない。そうなれば、スギやヒノキの商品価値はますます下がってくる。山は荒れてくる。日本の林業はかくして衰退へとつき進む。

 一方で、海外や国内の環境保護団体からは、日本は海外から大量の木材を輸入し、国内の森林資源には手をつけない。そんな身勝手なことが許されるのかという批判がある。環境に与える影響をもってしても、日本の山を復活させる、林業を活性化する必要がある。

 かつて、日本の古い民家は、自分が住む場所の近くの山から切り出してきた木材を使うのが普通だった。当たり前のことだが、遠くから美林といわれる木を切り出して運搬するにはものすごい費用がかかった。そんなことができるのはよほどの豪商であり、一般の人々は地元の木を使うのが当たり前であった。だからこそ、日本の林業は栄えていた。山も手入れがなされていた。それぞれの気候風土にあった木材を使い、それにあった家の造りになっていた。

 そうした日本の民家の持つ文化とか歴史を支えてきた林業は、経済コストという冷徹な尺度の前では、ほとんど何の意味ももたなかったのである。

 住宅メーカーもコストを計算するから、輸入材を使う。消費者はそもそも国産材か輸入材かという選択肢はない。

 海外の企業や製品から脅かされている国内の産業は、林業だけではない。農業も同じであり、繊維業界もそうである。自動車業界だって厳しい戦いを迫られている。市場競争の中では負ける場合もあるし、勝ち残る場合もある。林業も嘆いてばかりはいられない。生き残るための新しい取り組みが必要なのである。
いろんな日本の山を見てきた。美林で有名な吉野、台風で無惨に倒された大分の山林、西表島の亜熱帯も見た。しかしこんな山は初めてだった。

「全然、他の山と違うでしょ」

 案内してくれた速水林業の代表、速水亨さんは誇らしげだった。普通の人工林とは明らかに違う。ヒノキ林の中は明るい。地面のほとんどはシダなどの植物に覆われ、ヒノキの林の中にクスノキやコナラなどの広葉樹が点々と育っている。太さも高さも異なるヒノキが茂っている場所もあり、景観が実に豊かなのである。

 人工林といえば下草はきれいに刈られ、広葉樹が紛れ込むなどという光景はあり得ない。そのあり得ない光景が目の前に広がっているのである。

 速水林業三重県海山町にある。この辺りは尾鷲林業と呼ばれ、歴史的に林業が盛んな所である。速水さんが所有する山は100カ所以上に分散しているが、その広さは合計すると1070ヘクタール。日本でも有数の林業家である。私が入った山は総面積93ヘクタールの大田賀山林である。

 さっそく山を歩くことにした。

「うちの林道を全部合わせると、総延長が45キロメートルあるんです。私道では日本一の長さだと思いますよ」

 山歩きは観察会のようなものである。モグラが掘り起こした穴の跡が山道に残っていた。キツツキが木に開けた穴も見つけた。タヌキの糞もある。シカもいる。苗木を植える場所の周りには木で柵を作っている。シカに食べられてしまうからである。山には沢が流れている。

 林道の水たまりの際に獣の足跡を速水さんが見つけた。

「イノシシの足跡ですね。水たまりで、水浴していたのでしょう」

 次から次へといろんな発見があった。それはヒノキの人工林にいろんな動物が棲んでいる証拠でもあった。広葉樹も50種類以上が確認されている。

 人工林にとって獣は必要ないし、まして、広葉樹も必要ない。余計な植物を排除し、ヒノキやスギの生育に必要な環境を常に優先していく。それが一般的な日本の林業家の常識である。その常識と異なる人工林があったのだ。

 生態系に配慮しながら経営を成り立たせるのは大変なことですね、そう言ったら、速水さんは即座に反論した。

「逆ですね。こういう経営をしないと日本の林業は成り立たない。どの国に行ってもこれだけ環境に配慮している人工林は他にないと思いますよ」

 速水林業のヒノキは尾鷲でも一級品の折り紙付きである。業者から指名買いされるほどである。プロの林業家としての強烈なプライドがそこにあった。

林業は200年ほど前から林業を始め、地元では旧家として知られている。この山が一般に知られるようになったのは、2000年2月、日本で初めてFSC(森林管理協議会)の森林認証を取得したためである。

 FSCは世界49カ国の環境NGO林業者、木材取引企業、先住民などで構成される非営利の組織である。環境保全に配慮しながら、社会的にも、経済的にも持続可能な森林管理を推進することを目的に森林認証制度が作られた。国際的な自然保護団体であるWWF世界自然保護基金)が推奨している。これまで世界30カ国、210カ所以上、1800万ヘクタールがFSCの森林認証を受けた。

 FSC森林認証は非常にハードルが高い。専門家が木材資源の持続性、森林生態系の維持、財政的・社会経済的観点の3つの視点から審査を行う。

 企業では環境マネジメントの認証規格であるISO14001取得の機運が高いが、FSCがそれと異なるのは、その対象が自然であるという点である。多様な生態系を維持しながら林業経営を行うのは本当に骨が折れる仕事なのである。

 速水さんがFSCのことを知ったのは1997年だった。日本林業経営者協会の理事として、ヘルシンキで開かれたISOの会合に出席し、環境というキーワードが林業者にも避けて通れないテーマだと感じた。帰国後、WWFジャパンと一緒になってFSCの普及啓蒙活動を始めた。やがて自らFSC取得を考えるようになったのである。

 しかし間違えないでほしい。山を育てるには長い時間がかかる。思い立ったからといってすぐに認証を取得できるわけではない。つまり森林認証を取得するために速水さんは生態系に配慮した山林経営を行ったわけではない。もともと速水林業はそうやって山を育ててきたのである。

「父の時代からいまの山を育て始めました。それがFSCの認証にはまったというのが正しいんですよ」

 速水さんは1953年生まれ。慶応大学法学部を卒業。その後、東京大学農学部の研究生となって林学を学ぶ。そして山に戻った。

「山が好きだったから」

 それが跡を継いだ理由である。山の楽しさを教えたのは父の速水勉さんである。1933年生まれ。いまでも天気がよければ山を必ず見に行く。

 勉さんは戦後、山林経営に革新的な方法を次々に取り入れた人物である。よりよい品質のヒノキを育てるにはどうすればいいか。それがすべての目的だった。

 戦後、尾鷲の林業家たちが製材所を経営し、大量需要に応える体制を作っている時、山林に道をどんどん造った。山仕事の効率を上げるためである。下草を徹底して刈り取り、ヒノキを皆伐するのが伝統的な方法であるが、それをやめた。この方法では土がすべて露出する。尾鷲は年間降雨量が4200ミリという多雨地帯。むき出しの地表に大量の雨が降れば土が流され痩せてしまう。それを防ぐために下層植物は不必要に切らず、広葉樹を残した。広葉樹の根はヒノキよりも深く伸びるからだ。
 ヒノキの間伐の時期をコントロールしてヒノキ林の中の日照量を一定に保つようにした。日照を一定にすればヒノキの木目が均一になり、安定した品質の木を育成できる。

 これらは伝統的な山林作業に反していた。このため現場で作業に当たる従業員の意識を変える必要があると、当時、臨時雇いが普通だった従業員を常時雇用に切り替えた。

 跡を継いだ亨さんは、オーストリア南アフリカから林業用機械を積極的に導入し、作業の効率化と従業員の意識向上をさらに進めた。そうした成果がFSCの森林認証という形で証明されたといってもいいのである。

大田賀山林には作業機械の基地が設けられている。整備工場は解体された自動車整備工場の鉄骨を再利用した。作業機械は自分たちでメンテナンスし、壊れた機械から使える部品を集めてリユースする。タバコの吸い殼、缶などのゴミはすべて回収し、分別する。チェーンソーの潤滑油は植物性のオイル。できるだけ環境に負荷を与えないという視点で従業員が探してきた。
「まあ普通の工場では当たり前なんでしょうけどね」

 亨さんはそう言うけど、環境に配慮している企業はまだそうはない。

 従業員は28人。そのうち現場で働く人は23人。平均年齢は36歳と林業の世界では驚くほど若く、意識が高い。毎年、海外研修に従業員を派遣しているが、昨年は木材の取引価格が安く費用が捻出できなかった。それでもオーストリアで開かれた林業機械の展示会に行くと言ったら、従業員は自費で参加したというのである。

「うちの誇りは従業員」

 と、亨さんが言うのもうなずける。

 親子2代で育てた山だが、2人の考え方は微妙に異なる。父は経営である限り、木材を売って利益を出す、林業経営が前提である、という。息子は動植物などの生態系維持に主眼を置いた林業が大事だと説く。

「いつも親父と喧嘩になるんですよ。でもやることは同じなんですね。お互い林業が好きで、林業を成り立たせる時代がこないと、山村が疲弊し、日本の林業もよくならないと考えている。だけど、前面に出すのは親父は林業経営。ぼくは環境なんです」

 亨さんは笑いながらそう言った。親子の対立は日本の林業の将来を真摯に考えている証拠。見ていても羨ましい対立なのである。

 速水さんの山はほっとする美しさがある。自然は変化と多様性に富むから豊かであり、美しくもある。そう言ったら、亨さんが教えてくれた。

日本の林業の現状が厳しいのは誰もが分かっている。だけど被害者意識だけでは何も生まれない。そこには工夫と革新が必要なのだ。そして生態系の維持と林業経営を並立させようとする林業家がいた。

------以上取材記事より引用-----

まさに人類の自然環境に対するパラダイム転換をしなければならない時期に来ていると考えさせられた記事である。