環境保護と経済成長との両立について,

久しぶりに環境保護について思うことを書いてみます。


現在地球環境の悪化、あるいは自然資源の枯渇などに対して、
世界的に各国とも経済成長と環境保護をどう両立させるかという大きな課題に取り組もうと努力している。

環境保護と経済成長との両立は難しい」
この言葉は環境と経済成長は相反するものであるという考え方が根底にある。


「最も美しい森林とは、最も収穫が高い森林である」

約100年前のドイツの19世紀末から20世紀初頭にいたドイツの林学者、アルフレート・メーラーの言葉だそうだ。

実に考えさせられる言葉だと思う。

環境保護と経済成長は本当に相反するものだろうか。

環境保護に対して考え方のパラダイムを大きく転換させなければならないのではないだろうかと感じる。