善かれと思って

善かれと思って取りはからってことや、話したことが思わぬ反発を招いてたり、本物反対の結果を招いてすることがしばしばあります。
思いが足りないのか、はからいが足りないのか、そこにはいろいろな原因はあるだろうけど、
「策」に溺れてしまった感を感じるのである。
善意の策も悪意の策も所詮は「策」にすぎない。「策士策に溺れる」という言葉があるように

悪意の策はもちろんいけないけれど、善意の策もしょせんは「策」である。
本当は「策なし」というものが良いのだろうけれど、これがまた難しい。
「策」におぼれず、自然体で向き合い対応することが大切なのだろう。
しかしそれには、「悟り」のようなものを体得するために心の修練が必要なのだろう。

しかしそれにしても、ネットやメールでのコミュニケーションの難しさを痛感する昨今です。
それこそ善かれと思って書いたことが思わぬ誤解を生じさせ、反発を招く。
「なんでこんな風に捉えられてしまったんだろう」、自分の言葉の使い方に自信をなくしてしまう
ことがよくある。どんなに慎重に言葉を選んでも、誤解されるときは誤解されてしまう。

今のところネットやメールでのコミュニケーションは文字情報のみに頼るしかない。
文字だけでは、コミュニケーション時の相手の表情や、声のトーンなどが読み取れない。
リアルなコミュニケーションがあれば、自分の放った言葉で、相手の表情がちょっと変わったことを読み取って「マズイ!誤解されている!」と感じれば、その場で言い直すことができる。
しかしネットやメールではそれができない。
その意味でネットやメールでのコミュニケーションも文字だけという「策」に頼らざる得ない面があると思う。
よくSNSやブログ「炎上」が起こるのはこのせいだろう。

見えるリアルなコミュニケーションでも人と人とのコミュニケーションではすれ違いばかりである。
それでも僕にとってコミュニケーションは生きるための最も大切なことである。
コミュニケーションで誤解し、怒り、言い返し、言い合い、を繰り返し、それを続けることによって
お互い分かり合えるのだろう。
だからコミュニケーションを避けることはよくないことだと思う。
またネットだけでのコミュニケーションの限界があるのであまり良いことではないと思う。

そんな意味で、自分の足で走り回って、どんどんリアルなコミュニケーションをとることができなくなった今の自分がとても歯がゆく感じる今日この頃です。

残念ながら今の自分にとってはネットやメールが、最もスピーディーなコミュニケーションツールになってしまっている。
たまに外出して、電車などに乗ると、背広を着て汗水たらして、電車に飛び乗ってすぐにノートパソコンを取り出しメールを打ったり、周りに声が漏れないように口に手を当て携帯電話で取引先と思われる相手に懸命にしゃべってるビジネスマンを見ると、昔の自分を思い出し、羨ましく思ってしまう。そして辛くなる。
まだまだ障害を乗り切れてない自分がそこにいる。