6等星の海上保安官

6等星って知ってますか?
1等から6等これは人間が勝手につけた星の等級です。

1等星と6等星は明るさの差がおよそ100倍です。
でもそれは単に地球からみた明るさです。
本当は太陽よりも光り輝く恒星であるにもかかわらず、単に地球からの距離が遠いというだけで
「6等」なのです。
人間社会でも同じようなことが多々あるのではないでしょうか。
本当は光輝くような人間なのに「遠い存在」というだけで「6等星」にされてしまっている人たち
がたくさんいるのではないだろうか。

今回の尖閣諸島事件のビデオを流出した海上保安官
僕は流出させた彼を擁護するつもりはありませんが、彼もきっと一般の人にとっては
遠い存在で見えないが「光り輝く人間」だったと思います。

その彼を今回の「犯罪」に駆り立て、彼の「輝き」を完全に消してしまった現政府の罪は重い。

日本の優秀な技術を持つ中小零細企業も「6等星」にされてしまっているのではないだろうか。

それは僕は「1等星」にしてあげたい。それが僕の今の志です。