毎日生きるテーマを探す日々 「志」を持つことの重要性

毎日生きるテーマを探す日々 志を持つことの重要性

僕はほぼ毎日自分の生きるテーマを追い求めて探し続けています

それは自分が半身麻痺という障害者になってしまったことから逃げるためかもしれません。

今日も久しぶりにになぜか非常に後遺症の中枢性疼痛のしびれがひどかった。

この症状が出てくると、ただ耐えるしかない・・・現代医療では軽減不能だそうで、痛み止めも効かない。
モルヒネさえ効かないらしい。。

このときはさすがに気分的にもうつ状態に陥りがちになります。。
これを解決してくれるのが、薬ではなく、実に不思議なのですが自分が生きる意味とか生きるテーマあるいは志とかを見つけることで和らぐのです。
不思議なことなのですが、「志を持つ」ことは損傷した脳に良い影響を与えるようで、麻痺側の
硬直も和らぐのです。・

そんなことからも、、以前から書いているように「脳=心、心=脳」を実感するのです。

霊とか神様とかを信じていらっしゃる方には申し訳ないのですが、こんな実感から
魂=脳であり、脳死=魂の消滅と考えるようになっています。
そしてその魂(心)つまり脳に最も良い影響を与えるものが「志」であり「希望」であると思うわけです。
脳出血による後遺症を通しても僕は一貫してこのことを感じ続けています。