転んでも・・

「七転び八起き」いう諺がある。何度失敗しても、これに屈せず、奮い立たつ姿をいったものである。

人生は長い。だから失敗もする。挫折もする。そんな時このことわざはありがたい。

しかし7度転んでも8度目にをければそれで良い。などと呑気に考えることではないと思う。

一度転んで気がつかなければ、など転んでも同じことでしょう。

一度で気がつく人間になければならないと思う。
そのためには「転んでもただでは起きぬ」というような気迫が必要だと思う。この言葉はなんだか意地汚い印象を与えるが、先人の偉人たちの中には、大きく転んでそこに悟りを開いた偉人は数多くいる。
こういう人たちは決して「意地汚い」のではないと思う。まさに「真剣」だったのだと思う。
真剣だからこそ、転んだときに、転んだことをうまく活用し、必死で知恵を絞り出した結果なのだと思う。
失敗を恐れるよりも「真剣」でないことを恐れるべきだと思います。

僕自身、人生で脳出血という大転倒を起こしてしまった。
この2年間、本当に真剣だったと思う。自信を持って真剣だったといえる。
47年間生きてきた中でこれほど真剣だった時期は無かったと思う。
そしてそこに必要だったのはやはり「希望」だった。
確たる自信がない中で、ある意味無理矢理自分に「希望」を持たせた。

正に根拠のない希望である。

そしてその希望信じたからこそ、前向きに歩き出すことができ始めたのだと思う。

僕は「希望」に対して明確な根拠など必要ないと思う。
そもそも根拠のある「希望」など存在しないと思う。

でも人間は根拠のない「希望」でも「希望」を信じることによって、心は前向きになれるものです。

そして心が前向きになれば、不思議と良い発想が湧いてくるものです。

結果として「希望」の成功率が高まってくるのだと思います。

これは僕自身のこの2年間の葛藤の中で得たものです。

これは金融機関の「投資」とは全く違うものです。「投資」の場合、投資家は限りなく成功するという
根拠を求めてきます。それはビジネスとしてのリスクヘッジとしては仕方ないことだと思いますが、
人間の生き方とか、人類の未来に対して明るい未来の「根拠」を求めても仕方がないと思います。


その意味で政治家が「明るい希望を持てるような社会にすることを誓います」などと言っていることがとても滑稽に見てしまいます。「未来への希望」など個人個人が心の中で持つものであって、
三者がその根拠など示せるはずがないと思うからです。

今の若い人たちに言いたい。
閉塞感のある世の中だから自分たちには希望がないなどと感じて、うつ状態に陥り、集団で自殺などしないでほしいと思います。どんな世の中であっても、希望を持つことができるのです。

世の中の状態よりもあなたの心の持ち方ほうが大切なんです。