真剣勝負で生きているか

僕は昔、剣道をやっていた。

面に小手、胴なっどの防具をつけて竹刀で試合をやっている間は
真剣にやっているつもりでも、心に隙がある
打たれても、死にはしないし、血も出ない、ケガもしないからだ。
これが真剣ならそうはいかない。
一瞬の気の緩みで命を落とす。
勝つこともあれば、負けることもあるなどと呑気なことは言ってはいられない。
勝つか負けるかどちらか一つ。負ければ命が飛ぶ。
これが「真剣勝負」というものだ。
人生は真剣勝負だと思う。どんな小さなことにも命をかけて真剣にやらなければならないと思う。
長い人生失敗することもあるなどと呑気に構えて構えてはいられない。
これは失敗したときの慰めの言葉であって、初めからこんな気構えでいいわけがない。
日ごろ私たちは「真剣にやってます」と軽々しく言っているが、「真剣」ということははそんなものではない。そして真剣になるかならないか、その度合いによってその人の人生は決まってくると思う。
僕も一度は脳出血という挫折を味わったが今からでも遅くはないこれからの残された人生「真剣勝負」で
日々臨みたいと思う。
それでも心がメゲてしまいそうになったときには心の中で「絶対に負けてたまるか」と叫ぶようにしている
一人でいるときは時には本当に口に出して大声で叫んでいる。
そうすると不思議なことに、気持ちが強くなった気がする。そして前向きな気持ちになれるのだ。