孫子の兵法で病に勝てるか

戦わずして勝つ。これはご存知の有名な孫の兵法です。

その根本は[敵を作らないこと」
敵を作らないから無敵なのです。
この孫子の兵法をもって打ち勝つことができないものか。
人にとって病気は敵である。
ということはつまり、病気にならないことが最も最良の方法である。
とは言っても病気になってしまったら、その病気と戦うしかない。
病気と戦わずして勝つ・・
病気とうまく付き合っていくことなんだろう。
僕の場合、左半身が麻痺している。
麻痺してしまった手足と戦っても仕方ない。
いくらがんばっても動かないものは動かない。
頑張れば頑張るほど体力的にも精神的にもエネルギーを消耗するだけである。
この麻痺した身体と一生付き合っていくしかない。
だったら、麻痺した体を味方にして、知恵と工夫をしながら生きていくしかない。
敵視しても仕方がない。


敵はなぜできてしまうのか 
敵とは「自分の行く手を阻むもの」と定義するならば、

行く方向を変えればよいではないか!

そうすれば「阻むもの」であったものが「阻むもの」ではなくなるではないか!
その瞬間に敵だった相手が敵にみえなくなるんじゃないのか

結局、自分のなかの心の問題ではないかと思ったりもする。
それは妙なこだわりであったり、執着心、エゴイズムだったりするのではないのか
やはり人間の持つ煩悩が原因なのだろうか。

左半身の肢体機能を失った今、発病前の体力のある自分、水泳やマリンスポーツが得意だった自分の
こだわりやプライドを持とうとするから苦しむんじゃないか。

そんなもの忘れてしまえ!

生きる方向性を変えれば良いんだ!

目標も変える。楽しみも変える

そうすれば今の体にも十分に生きていけるし、楽しいこともたくさん出てくるんじゃないだろうか。

話はコロっと変わってしまうが、

それにしても中国は孫子の兵法の本家本元ではないか。

その中国は今世界中を敵に回そうとしてるように見える。

そして戦って戦って勝とうとしているように見える。

あまり賢くないように見えるんだけどなぁ・・今の中国