いっしょに、いっしょに、そしていっしょに

僕は去年まだ充分に外出ができない状態のとき本当に孤独だった。
1日中部屋の中で、ベッドに寝ころび、天井をみながら過ごす1日は長く辛かった。
特に息子も妻も外出し一人になると強烈な孤独感にさいなまれた。

その時思った。人間は一人では生きていけない。
人間に必要なもの。

それは
いっしょに喜んでくれる人

いっしょに怒ってくれる人

いっしょに嘆いてくれる人

いっしょに泣いてくれる人

いっしょに悲しんでくれる人

そして・・

いっしょに笑ってくれる人

悲しい時も辛いときも楽しいときも同じ気持ちを共有できる人

そういう人が居るからこそ、人は生きていくことができる気がする。


虐待される子供、放置される子供、孤独死をする老人

今の世の中、何かがおかしくなっている気がする