癌活性酸素犯人説にたかる健康食品企業

活性酸素」、、まことしやかに細胞を痛め、癌の原因といわれている。

一部の医師まで本気でガンの原因だと考えているようだ。
活性化した分子が細胞を酸化し傷つける?
そんなことありえないそうです。

(ある科学者の著書より抜粋)

活性酸素とは、通常の酸素にくらべて、化学反応を起こしやすい酸素のことです。生体内で有害な過酸化脂質生成にかかわりますが、そのこと自体は特に問題ではありません。
 活性酸素が原因とされる「うその病気」が騒がれ過ぎているために、活性酸素病があたかも存在しているように錯覚されています。それほどまでに、現代の医学、最先端の科学というものは、無力で役に立たないものなのです。

医学で病気が治らず、ラチがあかないということで、そこへ出てきたのが活性酸素説でした。また、健康食品を売って儲けようとする人たちが、次から次へと現れ、世はまさに健康食品ブームです。
 科学的事実の一部を取り出し、無理やり拡大解釈して、修飾して歪曲して、文学的ストーリーに仕立て上げてしまったのです。
 医学界や科学界から、活性酸素説のウソを指摘する学者が、ちゃんとマスコミに登場しないことから、悪魔のような活性酸素のイメージが作られ、活性酸素なんでも犯人説が、メディアを一人歩きしているのです。
 活性酸素は、気体の中では、なんとか存在できますが、あまりにも不安定なものですから、気体の中でも安定した物質に変化しようとします。
 じつは、活性酸素は、血液の中にはないのと同じなのです。大量にある血清中にも、赤血球にも存在しません。あるとしたら残りのわずかに存在する細胞、すなわち生きている白血球やリンパ球です。
 活性酸素は、細胞の表面にはありません。細胞の代謝現場には、いつも発生しますが、すぐに消えてしまいます。非常に不安定で、なんと0.001秒で消滅します。


代謝という化学反応を行う現場では、いつでも発生します。反応が激しい現場では多く発生しますが、瞬時に消えてしまいます。ですから、存在しないというほうが正しいのです。
 活性酸素は、ガン細胞の発生に関係するDNA損傷の現場に到達する前に、消えてしまうのです。細胞核の中のDNAに到達できるのは、エネルギーの高い放射線、紫外線くらいで、このときは本当に活性酸素が発生してガン化させます。それ以外には、ほかから活性酸素が飛んできて、ガン化されるなどということはあり得ません

上記のことから人間は一旦間違ったフィルターを通して見せられたことを信じてしまうとそこから脱却できないんだなぁ・・・と感じる。

特に自分の「恐怖感」を排除してくれるものであれば・・

心を透明にしてモノを見るように心がけたいものです。