自殺者の急増に懸念する日本人にとっての心の安らぎとは

信じることによっ心の安らぎが得られる

信ずる者は救われる


現在の日本は自殺者が毎年3万人を超えるという異常な事態になっている
これはなぜだろうか
キリスト教世界では自殺は悪とされている
宗教とは.道徳観を教育するものであると思う
神様やあの世を信じることによって心の安らぎが得られるのである
生きているうちに善行を行えば天国に生きるとか、親兄弟に幸せが訪れるとか
そういうことを信じることが大切なのである


しかし、現実はそんなことない。現実はもっと厳しい


どんなに善行を行った人でも悲惨な死を迎えたり悲惨な病に犯されることは沢山ある。


それだけを見ていると人は打算的になり、道徳感のある行動をできなくなってしまい
社会が乱れてしまう。しかし宗教のようなもの信じる心によって心の安らぎが出ることができ、
その結果、道徳感を持つことができ、社会の安定につながる。
しかし昨今の新興宗教など信仰さえすれば、自分だけは助かるという非常にに利己的な
宗教感を持たせることによって資金などを集めたりする主義的な集団が非常に多い。
その典型的な新興宗教でそれによって記述をもたらしたものがあのオウム真理教である
宗教において神や霊魂のようなものが本当に存在するかどうかということはあまり意味を持たない
神を信じることや先祖の霊が自分を守ってくれていると信じることによって心の安らぎが得られるということが最も大事なことなのである。その結果、人間は前向きに生きることができ苦難を乗り越えることができるのだと思う。
上記のことから、神様や霊の存在を認めるかどうかという論争は全く無意味な不毛の論争であると思う。よってやたらと神様への存在を強調する新興宗教は非常に危機の存在だと思うだと思う。
日本のように無神論者の多い国では宗教のような心の支えが少ないため自己の中にしっかりとした
道徳観や死生観がないので、昨今のように少し景気が悪くなり苦境の空気が流れると自殺者が急激に増えてしまうのであろう。
しかし私は思います。日本には宗教がなくても武士道という素晴らしい道徳教育があるのではないかと思う。そして私はこの思想を日本人はもっと大切にすべきだと思う

私は是非皆様に有名な映画「ラストサムライ」を見てほしいと思います。
この映画に抱かれている武士道は本当に素晴らしいと思う。
この映画で描かれている武士道の素晴らしさはトム・クルーズのラストシーン(渡辺 謙が切腹するシーンではない。その後のラスト30秒です)に象徴されていると思う。

武士道とは決して切腹のような潔い死を美化しているものではないと思います。

いずれにしても昨今の自殺者の急増には私自身も非常に懸念を抱いています。
五体満足な人間がなぜ自殺してしまうしてしまうのか。

私にすれば、なんと贅沢な命の捨て方をしてしまうのかと感じる。
なぜもっと、自分を信じ未来を信じ前向きに生きていくことができないのであろうか