世の中何が幸せか分からない

世の中何が幸せか分からない
私の脳出血で倒れてしまいました。そして会社も破産し、自己破産、体は左半身麻痺障害者となってしまいました。
しかし、いま僕は、少しずつ前に向かってくることができている会社を経営しているときのような
資金繰りのプレッシャーもない。
徹夜で仕事をすることもなくなった。
1日中、家内と息子と一緒に会話ができる
体が不自由だけれどものは少なくとも夢がある
とっても大きな夢である
会社の会社を運営しているときのように資金繰りに追われることもなくゆっくりと考えることができるもしかするとほんとうは幸せなのではないだろうか、と思うことがある
ただ中枢性疼痛の痛みやしびれがひどいときは、うつ状態になってしまうが、…
これだけは本当に辛いこれが体験した人にしかわからないであろうが
しびれと言っているがいわゆる正座をしたときにしびれるのとは全く違う感覚である
独特の不快感である。異常感覚といった方が正しいであろう
最もひどいときは左全身に焼けた鉄板を押し付けられているようなひどい痛みが続くのだ
これさえなければもっと楽なんだけれどなあ…
これも神?に与えられた試練なのであろうか
今日はしてしびれが楽である。
下記のウェブサイトは僕の夢であるそして生きがいである
http://my-japan.jp/
一人の障害者がやるには大それた事業であることは十分承知である
夢くらいは大きい方が良いじゃないか
しかし何とか成功したいものだ。
そして、障害者で微力だが日本の役に立つ人間でありたい

五体満足の若者たちが夢を持つことができずに自殺に走るのは非常に悲しいことであると思う

そして私自身、、私は幸せなのであろうかといつもの自分に問いかけている今日この頃である
きっと幸せなのであろうと僕は信じることにする