ふれあい

障害者になってから、なぜか昔元気だった頃、特に若いころの夢をよく見る

特に学生時代の夢を

今朝方も見た

片思いだった女性の夢を

どうしているんだろうな

今から思えば、学生時代とても不器用だったなぁ

でもいろんな夢があった。

僕は結構自分の思うままに生きてきた

いろんな会社で働き、不器用なくせに無謀にも自分で会社まで作った

そして倒れた。。


でもなにもかも精一杯やった

大成功などしなかったけど、悔いはひとつもない


僕が学生時代から大好きだった歌

「ふれあい」
歌手:中村雅俊
作詞:山川啓介
作曲:いずみたく


悲しみに出会うたび


あの人を思い出す

こんなときそばにいて

肩を抱いてほしいと

なぐさめも涙もいらないさ

ぬくもりがほしいだけ



人はみなひとりでは

生きてゆけないものだから


何気ないふれあいが

幸せを連れてくる

人はみなひとりでは

生きてゆけないものだから




中村雅俊さんのこの歌を聞くとなんだか目が潤んできてしまう

本当にひとりでは生きてゆけなくなってしまったなぁ・・無茶したかなぁ