驚異の水を燃料にしたエンジン成功!!!!!!

これはすごい!
なんと水を燃料にして、動くエンジンだ
私が今取り組んでいる
「日本の環境技術を海外へ紹介し、ビジネスマッチングや投資を促進させることを目的にした下記のサイト
http://my-japan.jp/
のため仲間の協力を得ながら、日本の持つ環境技術の調査をしていたところ発見した技術だ。

原理はこうだ

水からある燃焼性のガス(どういうガスかは今のところ企業秘密です)を発生させる装置があるのです。
このガスは燃焼させても「直進性」しかないため、エンジンなどには使い物にならないといわれて
いた。私自身も数年前この目で見たことがあるので分かるのだが、確かに燃焼時の温度は非常に高温になるが直進性しかないのだ
このガス発生装置をある大手自動車メーカーの特殊エンジン(昔から存在するがその自動車メーカーしか作っていないエンジン)をベースにある研究所に実験を依頼した。

その結果報告がつい先日来た。
エンジンが回ったというのだ!
まだ出力レベルは極秘だが、これは革命的な成功だ。

これで実用レベルの出力を出せれば、まさに水を燃料にした。エンジンができるのだ!
論理的には海水が燃料になる!
排気ガスは水蒸気だから大気汚染の心配はゼロ

このしくみは夢の自動車と言われる「燃料電池車」とも全く違う

燃料電池車は水素と酸素の化学反応では発生する電力を動力源とする「電気自動車」だ

燃料電池車の問題点は、十分な電力を供給し続ける技術がまだ存在しないことと、発火性の強い水素
を車に積んでおかなければならないことだ。「水素スタンドの普及」も必要となり、課題は山積だ。
しかし今回の実験のエンジンは違う。
「そのガス」自体を爆発さっせエンジンで動くのだ、電気自動車とは根本的に違う。
しかも燃料は水素のような危険なものではなく水だ!
海水でもOKなのだ。今度実験結果この目で見に行こうと思っている
こんなことブログに書いても良いのかな。。。
サスペンス映画のように石油メジャーから刺客が来るかも・・^_^;