恥とは

昔の武士は「恥」で自らの命を絶った。
人間はプライドに命をかけることができる唯一の生き物である



恥とは、

自分に対する妥協こそ恥であると思う

他人と劣っていることは恥ではない


障害者の私は


他人よりたくさんのことで劣っている

街をつきで歩いているとどんどん追い抜かれる。
コンビニで、支払いがス素早くできない。

これは恥ではない

それよりも毎日かたつむりのようではある。ほんの少しできることを増やすことが大切だ

昨日の自分より今日の自分が劣っていることが恥である


これは人間として、生き方に対する厳しさである。

恥とは、能力の上下ではない。 生き方のことである