未知の領域

昨夜、中学生時代の親友と大阪梅田のライハウスに行った。
というか半身麻痺の障害を負って、初めて行けた!
大阪梅田から役1.5Km暑い中で歩けた。

ライブハウスの名前はキャバーンクラブ

ビートルズナンバー専門のライブはウスだ1960年台サウンドそのままを再現してくれる。

生きてもう一度ここに来れたことが嬉しかった。
ライブを聞いたときには涙が出そうになった。
中学時代からビートルズファンで、特にポールマッカートニーのファンで、友達とバンドを組んだ。
ポールマッカートニーかぶれだった僕はギターまで、左で弾くようになった。


その左手も麻痺でギターやベースの弾き方は忘れてしまった。
いつかこの左手、弾き方を思い出してくれるかな。。


僕の好きなビービートルズナンバーが人と違ってちょっとマニアック
エスタデイやレットイットビーではなくアイムダウン

1966年の日本武道館ライブの最後にポールが歌った曲、ポールのシャウトで歌うノリノリの曲だ

ポールがベースを弾きながら、独特の身体動きでリズムを取っている姿が大好きなのです。

これを聞いていると、元気だった十代のころを思い出す。


気がつくといつのまにか47歳の障害者・・

当時、未来の僕がこんな風になってしまうとは夢にも思わなかったなぁ・・


この曲聴いて10代の僕から元気をもらおう!





その後ビールや水割りを飲んで酔ってから、梅田駅までこの麻痺足で帰れるか。心配だったが、なんとかタクシーに頼らず帰ることができた。

こんなことが左半身麻痺の障害を負った僕にとっては未知の領域だった。

また1つできることが増えた。生きがいが増えた!